読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

陰陽の関係

全ての事には陰陽があるって言いますよね。

昼と夜、天と地、男と女、太陽と月、光と影などなど。

世の中、全てのものを陰陽で分けることが出来るといいます。

ここでは運勢の陰陽について。

 

陰極まって陽になる。陽極まって陰になる。

そして一番陽が多い時も、必ず小さく陰が中にいて、

その反対もしかり。

Ying & Yang の絵 ↓ でそれが表現されていますよね。

 

f:id:sanmei-eiko:20170415210030p:plain

 

この陰陽のバランスがないと波が出来ないので

動きがなくなってしまうそうです。

なので陽が来たら必ずその後には陰が。

陰の後には必ず陽が来ることになっています。

 

なので、上がりっぱなし、下がりっぱなしという事は

世の中にはない。

あるとしたら終わるとき。

という事らしいです。

 

小さい時落ち込んでいると、よく母が

「夜明け前が一番暗いのよ。これから明るくなるから元気出して。」

と優しく励ましてくれました。

今でも「うー、辛いっ」って思う時、

この事をよく思い出します。

なので「一番暗い」は「もうすぐ明るくなる証拠」

と良い意味で刷り込まれたのを感謝しています。

 

小さい時、マラソンが結構早かったのですが、

走り始めの頃はたいして早くなかったのです。

それで練習にと思って走っていると、

ある時すごくつらくなる時があるのです。

「絶対、今までより遅くなってる!つらいっ!」って時が来るのです。

そこで辞めると、そこでおしまい。

 

でも、そこで何も考えずに苦しみながらも続けていると

ある時、少し楽になるんですね。

あれ?楽になったって思ったころ、皆で走ったら、

いつの間にかダントツ早くなっていました。

 

イギリス留学時代に、慶応から東京大学の大学院に行って

教授になった方とお会いしました。

東大って言ったら、東大落ちた人が慶応とかに来るわけで、

格違いで頭が良さそう!そんな中で教授になるまで

大学院で勉強したのって、どんなに大変だったんだろう?

と思って率直に、

「東大って頭の良い人沢山いますよね?

落ち込んだりしませんでしたか?」

と、失礼かと思いつつ、勇気を出して聞いてみました。

そうしたら、、、

「そうなんですよ。課題図書でこんな分厚い本が何冊も出ると、

自分は1日1冊も読めないのに、

1日で10冊くらい読んで全部まとめてきちゃう人がいて、

落ち込みました。

でもね、その人たちは関係ない。

自分の勉強だけすればいい、って周りを見ずに、

ただ下を向いて自分の足元だけを見て歩いていたら、

顔をあげた時、周りに誰もいなくなっていたんですよ」

 

この話にすごく感動して、それ以来、

周りとの比較で落ち込んだとき、

ひたすら足元だけを見ることにしています。

 

辛い時はこれから良くなるっていうサインであり、

自分の課題に寡黙に取り組む時間。

何もやらずにいたら、結果は出ないけれど、

同じ状態は続かないから、状況は絶対好転するのです。

 

ジャンプするときにより高く飛ぶためにはより低く構えて

下に行く力を溜めて溜めてばねにして飛びますよね。

もし、最も暗い陰極まった後に陽が来ると分かっていて

いつがその時なのか分かっていたら、

ちゃんとジャンプするための準備をする。

そして、上向きになった瞬間に溜めておいた力を全部使えば

凄く高いところまで、楽に飛べるんじゃないかと思います。

 

なので、運勢が低迷しているとか、自分が落ち込んでいるっていう場合、

ただ、物事が陽転するのを待っているだけでは勿体ない!

 

陽転のタイミングを最大限生かせるように

その時のための準備をしたら良いと思います。

つらいけど、脚光は浴びれないけれど、

自分の事だけ考えて、地道に、足元だけを見て。

そうすると、見たこともない景色が見れるくらい飛べるかもしれません。

 

鑑定で、「来年から凄く良い年周りになるので色々楽しくなりますよ♪」

という事がありますが、何度も言うけれど

ただ待っているだけじゃ勿体ないんです♡

もしかしたら、ただフツーに過ぎ去って行くだけになってしまうかもしれない。

そういう時は、来年までの間、思いっきり飛躍するための準備に

励むと、運勢が飛躍的に良くなる!

 

それから、反対もしかりで、

凄く楽しくて心地よくて、気分の良い時。

夏の気持ちの良い時にビーチで泳いで夜までBBQして楽しんで

っていうのは良いけれど、まもなく嵐が来る事が解っていたら、

海パンひとつでいつまでもウロウロするのではなくて、

着るものを用意して、靴も履いて、

家の戸締りもちゃんとして、食べ物も蓄えて

(BBQで全部食べずに!)

って準備をしておかないといけないのです。

どこか安全な地域に逃げる事だってしないといけないかもしれません。

 

海パンでいつまでもビーチにいたら吹き飛ばされたり、

波にのまれちゃうかもしれないし、

風邪ひくくらいで済まないかもしれないのです。

 

もともと運勢の良い人でも、悪い人でも

ずっと良い、ずっと悪いということはないので

常にそういったタイミングを見逃さず

運勢を味方に付けて、上手に利用したら

楽しく生きれるんじゃないかと思います。