自分らしい生き方を知る 算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

ネガティブもポジティブも、、、

最近(ここ5年くらい?)マインドフルネスにハマっています。

ヴィパッサナー瞑想して、自分の感情を観察したり。

 

 

仏教では他人のカルマについて話すことはお釈迦様以外してはいけないらしく、

算命学で人のカルマを見るってどうなんだろう?と考えてしまいます。

 

さて、その自己観察でしてはいけないことの一つに、

「何か湧いてきた思考に、ポジティブになってもネガティブになってもいけない」

というのがありました。

ネガティブは自分の妄想が悪い方向へ向かうので良くないのはわかるけど、

ポジティブもいけないの!?と驚いてみたり。

私はなるべくポジティブ思考で(というよりは、転んだらただでは起きない勿体無い志向?)

残念な事が起こってもなるべく気分を明るく保っていましたが、

それはそれで、自分の期待に反したことに蓋をする、

嫌な現実から(思考によって)逃げる事にもなるようで

傷が余計に深くなるとも限らず、良くないようです。

 

ではどうするのかというと、良い悪いの色を付ける前に客観視。

俯瞰して自分の感情を絡ませない事が大事。

でも結構、知らないうちに癖になっている思考、つまり

自分の「我=ガ」が割り込んでくるので結構これが難しい。

色々な執着に気付いて捨てていかないと、

なかなか心を綺麗にすることはできないようです。

そして、そのためのヴィパッサナー瞑想

 

振り子の様に、振れ幅が大きくなると、重心の位置を変えない為には、

引っ張る力も強くしないといけない。

心も一緒で、ポジティブにもネガティブにも、大きく触れると

感情のコントロールに力が入るから疲れる。

高速道路の車の運転(ハンドルさばき)の様なもので、

常に豆々しく微調節しながら大きく触れないように

自分の感情のコントロールに気を付けないといけないのかもしれません。

自分が自分の感情を管理しているのであって、

感情に引っ張られたり、無理に勢いを付けたりするのではなくて。

 

 

抽象的な話になってしまいましたが、

こちらの算命学ブログも、算命学の占いのネガティブさ

(お勉強する時は、実例でどんな状況で運勢が上がったり落ちたりするかを検証するので、分かりやすい例だと大成功した後に突然大失脚、みたいなのも少なくない^^;)

どうにかポジティブに解釈出来ないかといつも考えていたけれど

それ自体、色を付けて見ていたのかもしれないなー、と思いました。

 

だって人生は四苦八苦でそもそもネガティブ!

クールにネガティブな人生を客観視しても良いけれど、

そもそも、そのネガティブなものの分析をわざわざすることも無いのかな〜と!?笑

もっと他にする事あるだろう?みたいな!笑

 

話がそれましたが、現在の様に、色々大変な時期は、

ストレスを溜めている人も多くて、なんとかポジティブになりたいと思うかもしれないけれど

ポジティブになる必要もなく、「そんなこともあるんだね〜」と

すごく冷静に客観視できるのがベストかもしれません。

 

ただいま(多分、一生)勉強中〜。

怠け心を克服するには!?

今日読んだ本、というか冊子、「『怠け』を克服する」

小さな冊子なのですが、内容が面白かったのでご紹介。

 

誰でも怠け心ってあると思います。

勉強とか家事とか「めんどくさい〜」って。

私は特に怠け者らしく、気分が乗らないと面倒で面倒で、

めんどくさい気持ちと戦っている感じで結構疲れます。

やれば気分が良くなるのは分かっているのだけれど、

「今じゃなくても良いんじゃない?」とか

「ちょっとこれ(テレビ?)見てからにしよう」。

「明日から頑張ろう」とか。

 

この冊子に書いてあったのは、怠け心が出てくると、

でもやらなければいけないことだと「頑張ろう!」としてしまうこと。

頑張ろうとするとストレスが少しかかるようです。

 

そもそも「頑張る」とかは「やり抜く」って感じで

ちょっと難しいことでもちょっと無理してでもやり抜こう!って事なので、

日常のルーチンにいちいち頑張っていると、それは疲れて当たり前!?

 

怠けたい気持ちはやらなければいけないことに対して起こるもの。

やらなければならないことをサボれば、よろしくない結果が着いてきます。

勉強しなきゃいけないのに、テレビ観ていたら、勉強する時間がなくなります。

眠たいのに歯を磨かなければ虫歯になるし、

食後に食器の片付けをしなければいけないのにそのままにしたら、

歓迎できない生き物が寄ってきたりするかもしれません。

 

では怠けたい気持ちをどう対処したら良いのか?

一つ事実を知識として持っていれば良いようです。

 

事実というのは、人生はやらなきゃいけない事ばかりで面倒くさいもの。

なので、やらなきゃいけない事をするだけで人生は面倒な事から解放される!

逆にしなければいけない事をしないと、自分にどんどん借金を作るようなもの。

身軽に明るく、毎日過ごしたいなら、怠けずにやることをやる!

ということです。

 

それだけ?って感じですが、やらなければいけないことを

どんどんこなしていくと、びっくりするほど気持ちが明るく軽やかになります。

 

 

ミヒャエル・エンデのモモってお話に出てきた掃除夫、ペッポじいさんの言葉。

 

 なあ、モモ、」と彼(道路掃除夫ベッポ)はたとえばこんなふうに始め
ます。「とっても長い道路を受けもつことがよくあるんだ。おっそろしく長く
てこれじゃとてもやりきれない、こう思ってしまう。」
 彼はしばらく口をつぐんで、じっとまえのほうを見ていますが、やがてま
たつづけます。
 「そこでせかせかと働きだす。どんどんスピードをあげてゆく。ときどき
目をあげて見るんだが、いつ見てものこりの道路はちっともへっていない。
だからもっとすごいいきおいで働きまくる。心配でたまらないんだ。そして
しまいには息が切れて、動けなくなってしまう。こういうやりかたでは、い
かんのだ。
 ここで彼はしばらく考えこみます。それからやおらさきをつづけます。
 「いちどに道路全部のことを考えてはいかん、わかるかな? つぎ
の一歩のことだけ、つぎのひと呼吸のことだけ、つぎのひとはきの
ことだけを考えるんだ。いつもただつぎのことだけをな。」
 またひとやすみして、考えこみ、それから、
 「するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな、たのしければ仕事が
うまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ。」
 そしてまた長い休みをとってから、
 「ひょっと気がついたときには、一歩一歩すすんできた道路がぜんぶ終
わっとる。どうやってやりとげたかは、じぶんでもわからん。」彼はひとりう
なずいて、こうむすびます。「これがだいじなんだ。」

 

私の母も私が小さい時、「洗濯物の山を見ると、こんなに沢山あると(7人家族でしたので)

途方に暮れるけれど、一つ一つ畳んでいると気がつくと終わっちゃうのよね」

と言っていました。

 

洗濯物、乾燥機に入れたまま畳むのを忘れていると、

シワシワな服を手に取る度、気分が落ち込むことになるし、

洋服がピシッとなっていれば、その度に気持ち良くなるし。

 

もし何かやらなければいけないのに面倒くさい、怠けたい気持ちが起こったら、

決して頑張らずに、人生(自分が過ごす時間)を軽やかで楽しくするために

是非、早めに淡々とこなすのがオススメです。

 

算命学では時期があります。

その日、月、年、大運(10年)でどんどん運勢が変わって

同じ星周りのときは500年くらい経たないと回ってきません。

双六じゃないけれど、自分の順番が来たら、サイコロを転がす。

そうすれば、前へ進むのでその人なりの良い人生を全うできると思います。

面倒だからと、機会を逃して休んでばかりいたら

ゲーム途中で時間切れになってしまうかもしれないので、それは避けたい。

 

 

素直が一番 ~ その②

前回からの続きです。

 

人に指摘される事はあまり快いものではないけれど、

人間って誰でも、他人から教えられて成長するようです。

先ずは親や家族から、トイレや食事、歯磨きや着替えなど生活一般の事。

そして友達、先輩や先生から、コミュニケーションやお勉強、スポーツなど。

一生何かを学びながら生きて行くのが人間。

 

そういえば誰かが、歩みを止めると後ろは下り坂なので

現状維持というのは存在なくて、止まったら後ろに転がっていくだけ、、、

と話をしていた記憶がありますが、

常に学びながら成長していかなければいけないのかもしれません。

 

玉堂を持っている人は学ぶことが結構好きです。

私も2個持っているせいか、知識欲があるらしく、

いつも何かを学ぶべく師匠を探しています。

ありがたい事に、素晴らしい師匠たちに恵まれ、

算命学の師匠、趣味の習い事の師匠、精神性や生き方を教えてくれる師匠など、

そして、いわゆる師匠と言われる人でなくても

身の回りの人や自然、本やテレビ番組などからも

自分に好奇心がある限り、常に何かを学ぶ機会に恵まれていると思います。

 

ただ、自分にとって知識や経験が必要と思うものと、

実際に必要なものは違うこともある訳で、、、。

 

もし周りの人が、アドバイスをしてきた時は、

多少塩辛くても、鵜呑みにする事はないと思うけれど、

「なぜそのような事を言ってきたのか?」

「この人は、本当に自分のためを思って言っているのかな?

それともコントロールしたいだけなのかな?」など、

色々検証して、もし自分に善処するところがあれば、

多少難しくても素直に取り入れると、見方が180度変わって

違った世界が見えるかもしれません。

  

自分を変えられるかどうかは、いかに自分の悪い癖や

改善点を認められるか?そして、アドバイスを素直に受け入れて

身に付ける努力ができるかどうか?にかかっていると思います。

特に大人になると、欠点を指摘してくれる人は滅多にいないので、

もしそういう人がいたら、かなり希少な価値のある方達です。

そういうレアな人は、排除せずに大切にした方がいいと思います!

 

素直が一番 ~ その①

よく言われている言葉、「素直が一番」。

昨今、自分に素直であれ、的な思想が大切にされていますが、

自分に素直、というのは自分の感情に素直、ということではないと思います。

だって、それは時に我が強くて頑固になってしまう場合もあるので。

 

かくいう私も人体図で見るとなかなか頑固な性質で

自分で気が付かないところで全開に出ている時もあるようですが。笑

中学生の頃に、関わりの深かった部活や塾の先生など、

熱血で厳しい素晴らしい方達(!?)に恵まれたので

ありがたい事に、人体図に出ている頑固な性格の割に

だいぶ意識するようになったと思います。

何をって、「人のアドバイスを聴く」ということに。

 

特に部活の先生は事あるごとに

「人の言う事(アドバイス)をきけない子は伸びない。素直な子は伸びる。」と

言っていたので、多少抵抗があっても、損する事を嫌う私は

「だったらきいてやろうじゃないの!?」

という可愛げのない心意気で、自分が言われた時だけでなく、

他の子が指摘された時も、自分の事の様に意識して直すようにしていました。

多分、それもその先生が「人が言われていたら自分の事だと思って直せ」とか

なんとか言ってたんだと思いますが、、、。

  

案外、「自分は言われた通りにしている!」と思っていても

周りから見ればまだまだな時もあります。

遥かかなたの昔、塾に通っていた時の事。

けっこう真面目に問題集に取り組んでいるのに、

「もっと早くやれ」と言われ、「早くやっています」と言い返したら、

「早くないから言ってるんだから黙って言われた通りやれ!」と

叱責された事がありました。

その後、結構早く問題集が解けるようになり、自分でも驚いたくらい。

 

自分は十分やっている、努力している、と思っていても

まだまだ不十分な時があるんだな~、と気付かされ、

自分の能力を伸ばそうと厳しくしてくれた事に今でも感謝しています。

 

私も最近、算命学などを通じて、人にあれこれ

色々、伝えたくない事でも伝えなくてはいけない事があります。

鑑定を希望してくる方は、何か気になる事があって

解決の糸口?を探してきているのだと思うのですが、

それにもかかわらず、提案にいちいち反論してくる人がいます。

 

自分の主義を主張したいだけなんだな~、、、。

と思うのですが、多分、分かっていながらも、

他の誰からも納得する意見に聞く耳を持てなくて、

話しに来るのかもしれません。

 

でも、自分の主義を主張してしまうと、現状を変えるのは結構難しいのです。

思い通りに行っても、周りが呆れて折れるか、信頼を失うか、

という感じになるだけで、問題解決にはなりません。

 

問題がある

① 解決の糸口を探す

② 自分で何か変えられる事が無いかを考える。

③ それについて解決策が見つからない、又は自分の解決策に自信がない場合は

頼れる人にアドバイスなど、頼ってみる。

④ 自分で吟味して、実行に移す。

 

まだ自分を変える準備が出来ていないと、

②や③で止まってしまうので、物事は動きません。

 

自分の問題点を色々注意されたりして喜ぶ人はあまりいないので、

当然のことなのかもしれませんが。

私も、人にアドバイスされ、見当違いな事を言われた(と思う)場合は

ムッとする事がありますが、スグになぜムッとしたのかを考えます。

そうするとその人のアドバイスが正しいにしろ、間違っているにしろ、

自分や相手のこだわりなどが客観的に見えてきます。

 

次回に続きます、、、

感情に流されない

誰かと話をしている時など、

急にスイッチが入った様に何かに反応して、

話の趣旨が伝わらないまま会話の内容が

変わったりしてしまうこと、ないでしょうか?!

 

何かポジティブな反応だったり

面白おかしい話に変わっていくなら

何の問題もないのですが、

相手が不機嫌になったり怒り出したりするなど、

何かネガティブな経験の引き金に

なってしまって、「えーっ?!」

という展開になる事も。

 

会話だけでなく、ショッピングでの衝動買いや、

車の運転など、どんな行動においても、

何か自分の感情が揺れ動いて、

そのまま気分に流されてしまう事も

時にはあるかもしれません。

 

どんな時でも、何かにつけて、

感情は健全である限り、じーっとしている事は少なく、

目まぐるしく動いていきます。

逆に過度のストレスを抱えるなど、

健全な精神状態でない人は

なかなか1つの気分に囚われると、変えるのが

大変かもしれません。

 

人体図の星からも、その人の思考の傾向が、

分かることがあって、

怒りっぽいとか、いじけたり、

神経質になりがちだったり、

人を攻撃したくなったり、

はぐらかしたり、などなど。

 

人体図の星の傾向なんか知らなくても

ある程度自分を客観的に観察すると

どんな傾向があるか分かってきますが、

どちらにせよ、その感情もずーっと

続くことはなく、瞬時に?暫くすると?

気分て勝手に変わってくるもの。

 

なので、その感情に支配されると

後悔する事になりかねないので、

大事なのは自分の感情に気をつけて

先走った行動を取らない様にすることかもしれません。

 

悲しくなったら、泣いて訴える前に、

「自分が悲しんでいる、、、どうして悲しく感じるの?!」と、

冷静に分析してみたり、頭にきたら、

「なぜここまで頭にくるの?」と自問自答してみる。

 

大体、ネガティブな感情は

期待が大きすぎたり、相手に対する

精神的な依存が強い時。

 

自分の主人公は自分なので、

感覚や感情は大切にしたいと思っても、

人間に生まれてくる限り未熟なのだから、

自分が一番正しいとか、素晴らしいとか、

思いたいのは山々だけれど、多分、勘違いなので、

それに振り回されるのは、

自分をコントロール出来ていないのと同じ。

 

自分の拙さや愚かさに気が付ける人は、

人と衝突したり、自己嫌悪に陥ったりすることが

なくて済むのかもしれません。

 

ワクワクが好きな人は世の中に多いけれど、

浮かれてしまうと、また沈むことになるので

ワクワクする時こそ注意が必要。

なぜワクワクするのか、それを必要とするのかを

考えてみると、向き合いたくない自分が見えてきたりします。

↑こんなことを書くと嫌われると思いますが。

でも算命学では気分を上下を抑える?ことが

運勢の上下の幅を少なくすると言われています。

常に冷静に中道を歩む、、、。

 

感情は流されたり、奴隷になるものではなくて、

コントロールする努力が必要?!