自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

人生を修正する大切な時期

以前にもこちらで少し書きましたが、

全ての人に周って来る、

人生を修正する時期というのがあります。

 

それは41歳から59歳までの間のどこかの10年間で

人によって始まる時期が違います。

41歳から50歳の人もいれば、

50歳から59歳までの人もいる。

 

この時期、宿命を整える時期と考えられていて、

自分の人生を振り返り、もし外れていたら修正するチャンス!

 

なぜこの時期かというと・・・

運勢的はもちろん、普通に考えても察しが付くと思います。

 

年齢にして40歳以降。

この時期は、子供がちょうど巣立って行き、

体調などにも変化が出て、以前ほど元気ではなくなり、

30代のつもりで動いていると、どっと疲れたり体調を崩すことになります。

年齢的にも、社会で中堅どころとなり、色々と任されたり、

後輩の面倒を見なくてはいけなかったり、

はたまた親の面倒も見なければいけなくなったり

30歳の時の若々しさと元気さはどこへやら!?

色々腰がどーんと重くなったり、

、、、と社会との関わり合いが少し?かなり?変化します。

 

なので、誰もが自分の人生を考え直したり、

振り返ったり、これからどうしよう?どうなるの?

と不安になる時期。

色々迷って当然といえば当然。

早いか遅いか、という差はあるけれど、

還暦を迎える前までの大事な時期。

 

還暦とはそもそも、算命学でいう六十花甲子が一回りする年。

算命学では人間の寿命を120年と考えていて、60年が2回。

0才から59才までを前半とすると、

一周して、暦が一回りする。還暦を迎える。

そうすると、次の新しい60年が始まります。

新しい人生で生れ変る!というお祝いが還暦のお祝い。

 

そしてこの新しい人生を迎え入れる前に、

人生を見直したり、修正する大切な時期が存在します。

ここをいかに過ごすかで、還暦後の人生が変わってきます。

 

ではこの時期、実際、何をしたら良いのかというと、

そのままズバリ「人生を見直して修正する!」

 

この時期、人生が上手く行っている人は

先ほど列挙したのと同じ内容だけれど、

子供が巣立って、自分の時間が持てるようになり、

自分の好きな事が出来るようになって

社会でも出世して金銭的にも余裕が出てきて

健康で暮らしている親と世代交代して、

大人の会話が色々できるようになり

仲の良い夫婦は、水入らずで旅行へ行ったりなどなど。

とても良い時期を迎えているはず。

 

男性だったら、会社で皆から頼られる存在になっていたり、

独立して自分で会社を興したり、

自分の家庭や、自分が働く会社だけではなく

サークルでも起業家のグループでも、

活躍する範囲を広げてリーダーシップを取ったり、と

好きな事が出来る良い時期になっていると思います。

 

それが、未だに七転八倒、家族のごたごたや

周囲の人に振り回され、自分が見つからず、

体調が優れないために好きに動きまわることが出来ず、

毎日が不安だらけで不満だらけ・・・という場合、

宿命通りに生きていない可能性が高い。

 

家庭の幸せ、つまり配偶者や子供との仲だったり、

親との関係、また、友人との付き合い方、社会での役割、

もし、上手く行っていないところや

取り組まなきゃいけないのに放置している事があったとしたら、

この時期に見直して修正できるところは修正する。

 

なぜならこの10年間はそんな修正可能な運気が

誰にでも流れている時で、

誰にとっても、修正することが容易になる時期でもあるのです。

 

もし、自分を振り返る事が出来て、

上手く行っていない場合、ちゃんと修正できれば、

良い人生の後半戦を迎えられます。

 

もし、惰性で不満や不安を抱えたまま行くとどうなるか!?

恐ろしい内容になりかねないのでどこまで書けるか分かりませんが、

長くなったのでまた次の機会に 書きます。