自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

運勢の変わり目

鑑定をする時、宿命を見て

どんな宿命をお持ちなのかを見てから、

運勢の変わり目を見ていきます。

 

そして、その変わり目は

人によって違うのですが、

1歳運とか、2歳運とか、3歳運とかあって、

例えば5歳運の人だったら

5歳、15歳、25歳、35歳・・・

というタイミングで運勢が変わっていきます。

 

自分の人生を振り返ってみると、

そんな節目が見えてきたりします。

 

そして、どの年代でどんな事が

テーマになっているのか?

例えば、勉強することだったり

お金についてだったり、

健康がテーマになっている時期があり、

 

そして、誰が主役なのか?

別の良い方をすると

影響力が強くなる人が分かります。

父がテーマになっている、

友人や兄弟がテーマに、

母親がテーマになっている、など。

周って来る順番は人によって、宿命によって異なり、

それらが宿命に示唆されています。

 

そしてそのテーマになっている事柄や

人について、取り組んでいくのが

大体の人生の流れになっているようです。

 

そんなテーマや人だけでなく、

運勢の良し悪しなども、10年ごとに変わっていきます。

次の何十年間、楽しそう!とか

これから暫く大変そうだな~とか。

 

長い時期で見て、この人は若い時に良い時期がくる、

この人は大器晩成型、また別の人は

老年期に幸せになるな、など。

結婚するなら何歳以上が、または、

何歳までに結婚するといいぞ!?

この人は、ずっと良い運勢だな~、

そしてその反対も、、、ざっくりと分かります。

 

周って来るテーマは課題でもあるので、

その課題をこなしたか否かで、

その後の人生も変わって来るようです。

 

誰でも41歳から59歳までの間のどこかの10年間で

宿命を整える、もし外れていたら修正するべき時期が

周ってきます。

 

その時期は誰にとっても、運勢の修正がしやすい様な

年周りになり、自然の気が味方してくれるようです。

 

この時期、何かと物事がまとまりやすいので、もし、

違う方向へ向かって行ってしまうと、それはそれで

大きく外れてしまう事にもなる。

 

この時期にどう過ごすか、どう次の時期を迎えるかで

その後の運勢が大きく変わる時期。

この時期についてはまた今度書くとして。

 

どんな宿命でも、アップダウンがあって

あまり良くない運勢でも、良い時期があり、

無敵のような運勢でも、打たれる時が必ずある。

悪い時期でも大禍なく過ごすにはどうしたら良いのか?

 

日々の積み重ね、瞬間瞬間の考え方や

行動の仕方の積み重ねで、

それまでにどんな人生を作っているのかに

拠って来るようです。

 

もし現在、自分で心地よいと感じられるような

穏やかで晴れた気持ちの良い時期を

過ごしているのなら、その時間を大切に。

 

もし、台風か嵐か?!という様な、

大変辛い時期を送っているのなら、

色々な失敗を重ねて、悔しい悲しい思いをしながらも

淡々と毎日をこなして、じっと耐えるしかない。

だってそんな時期は、必ず、開運のための

ジャンプ台になっているはずだから。

 

どんな時間であろうと、与えられた時間を、宿命を

丁寧にこなして行く事が良い生き方に繋がるのかな?と

思うばかり。