自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

その関係、本当に仲良くして良いの?

算命学は自然哲学。

道教に似ているそうです。

 

なぜ算命学が体系付けられたかというと、

世の中の人の人生を解読するため。

 

親孝行は良いことなのか、そうでないのか?

子供に愛情を沢山注ぐのは良いことなのか、

そうでないのか?

 

倫理的に考えれば、当然良いことなのですが、

自然哲学で考えると、必ずしもそうとは限らず

人によって違う、その人の宿命に拠る、

という事になるようです。

 

父親を大事にして縁を深めているか?

祖母を大切にして縁を深めているか?

子供と縁を深めているのか?

 

その人の宿命により

それが吉とでるか凶とでるか異なり、

その後のお互いの運勢が

変わってくる場合があるようです。

 

シェイクスピアハムレットではないけれど、

愛しすぎてしまったから

その人が命を落としてしまった!?

 

そんな、「事実は小説よりも奇なり!」

みたいな事が、実際の運勢で起こって来る。

 

子供と縁がないのに、縁を深めてしまったから

その子が病気になってしまったり、

早くに命を落としたり。

 

親を想って、家を継いではいけないのに

継いでしまったから、事故にあったり

病気になったりして早くに亡くなってしまったり。

 

など、信じられないような因果関係が、

例として沢山あります。

 

また、夫婦の間でも、友達としては相性が良いけれど

夫婦としては相性が良くない、という場合があります。

 

付き合っていた頃は友達みたいに仲良かった、又は

お互い違うものを持っていて魅力的だった。

 

それが結婚後、何か上手く行かない。

夫婦の仲として、期待していたのと、

思っていたのと違う・・・。

 

そういう場合は、子供が出来にくい、

家庭内で問題が起きやすい、

仕事が上手く行かなくなってしまう、

どちらか病気になってしまう、

どちらか運勢を落としてしまう、、、

 

なんて事が起こるのを予測できてしまう。

 

「離婚した方がお互いの為に良いのでは?」

というようなカップルもいるけれど

でもお子さんがいる場合、

不可能な事もあります。

 

何年も連れ添っているのに

何かしっくりこないから運勢を見て貰ったら

凄く悪いので、離婚しよう!

、、、なんて事になったら、

 

「あの人、おかしい!?」

「宗教でもやっているんじゃない?」

 

など白い目で見られ兼ねず、

現実的ではありません。

 

夫婦間は所詮、他人だけれど

親子の場合、生きている限り

運勢的に影響し合います。

 

もし大好きなのにお互いの関係性で

周りから見て不自然なくらい

固執しすぎていたり、

どちらの人生も思う様に伸びて行かない、、、

なんて場合は、

そんな仲良くしすぎてはいけない、

縁を深めてはいけない宿命を

お持ちかもしれません!

 

人によっては、鳥が一度巣立ったら、

もう巣には戻らないのと一緒で

戻ってこない方が良い場合もある様です。

 

そういう場合は、

物理的に離れる、いつもべたべた一緒にいない、

なんて事が処方箋になってきます。

 

でも逆に、家を継ぐ宿命を持っている人などは

逆に継がないと運勢が落ちてしまったり、、、と

この限りではないのだけれど。

 

もし自分の人生や家族の人生が

伸び悩んでいるのなら、

 

そんなところも注意してみると

何か理由が見えて来て、

解決できる事もあるかもしれません。