自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

宝くじの当て方

算命学で、「宝くじの当て方」というのがあります。

 

それを使って、〇千万以上の高額当選を

何度もしている方(私の先生)もいます。

 

お勉強する過程では

いつなのか教えてもらえるのですが、

人にそれがいつなのかお伝えすることは

禁じられています。

 

何故って、もしその方法を使って

宝くじの高額当選なんてしようものなら、

その人の支払わなければいけない代償が

大きすぎるから。

 

これは宝くじが当たったから運勢が

落ちてしまう、という話ではなく、

本来、そんな大金をイッキに得るような

運勢ではないのに・・・

という方の場合の話です。

 

アメリカの番組で、ロッタリーなどで高額当選した人の

その後の人生・・・という事で、ドキュメンタリーがあって

大半の人が、当たった後、不幸になっているか、

命を落としていました。

遠い親戚や、寄付を募る団体、友人などから

お金の無心が増えて、隠れるように暮らすようになったり、

働かずに楽して贅沢に暮らすようになり、

ドラッグに手を染め、自殺・・・とか、

家族や親戚内で財産の取り合いになり

命を狙われたり・・・など。

当選する以前より不幸になったと感じている方が多いようです。

 

ちなみに、その番組に出ていた、唯一不幸が無かった人は、

生活水準を上げることなく、それまで通りの生活を

歩んでいた人でした。

 

なので、そんな裏技を教えてしまって、

その人が高額当選してしまったら、

その人の人生を狂わせてしまう事になりかねない。

 

「返り矢」と言って、自分が伝えた事が原因で

その人の人生に、悪い影響を及ぼした時、

何らかの制裁を受けることになります。

 

たとえ、伝えた内容が真実で、その人に

プラスとなると考えてお伝えした事でも、

本人はそういう風に伝わらず、

自分の人生の舵取りを誤ってしまったり、

 

大なり小なり、その人が自分の生き方を

出来なくなってしまった場合、

伝えた人は、その分の「返り矢」を

浴びることになるそうです。

 

「占い師は長生きできない」なんて言われているように

運勢の話って凄く重い責任が伴うらしい。

 

なので、絶対お伝えは出来ないのですが、

何が起こるって?!

 

宝くじに限らずの話なのだけれど、

もし、その時期にとてもハッピーな事が起こった場合、

同等のアンハッピーを経験しなければいけない・・・

ということになります。

 

なので、幸せの度合いが大きければ大きいほど、

失うものが大きい。不幸になる度合いが大きくなる・・・という話。

 

自分がそういう時期を迎える時があったので

先生に「試しに、宝くじ買ってみようかと思います!」

と言ってみたら、凄く険しい顔になり、

「自己責任でお願いします」と言われました。

 

「もし当たったら、寄付しようと思ってます」と言ったら

「皆さん、そう言うんですよね・・・」みたいな。

 

先生は、宝くじ1等の賞金が当たり、受け取ったら

本当に死にそうになったので、怖いから

すぐ手放した、と言っていました。

実際、先生の住んでいる地区で災害が起こり、

宝くじ1等の当選金額を、匿名で全額、

自治体に寄付しているのがニュースになりました。

災害を受けた全家庭に2万円ずつ配られたとか?!

 

そんな感じなので、大きく何かを当てようとして

外れたら残念だけれども、運勢的には

助けられているのかもしれません!