自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

変な性格の人と、立派な人格者

たまに見かけます?

ビックリするような変な人。

変人。性格異常者。

あくまで健常者なのですが、性格が変!

 

どんな人かというと、

数年前、世間を騒がせた号泣議員など。

 

持っている星を上手に使えていないと

周りから「変な人」と見られてしまうらしい。

 

持っている星は全部で9個あります。

そのうちの5つが性格や性質、

得手不得手などが分かり、

他の3つでその人の持つエネルギーや

得意分野が分ったりします。

 

そして最後の1つが、祖先から

徳としてもらっている星。

その星は、無料ソフトなどでは出てきません。

簡単に分かるものなのですが、

陰徳としてご先祖様から頂いているものなので、

もしその星が何だか知ってしまうと、

それを使えなくなってしまうらしいので

知らない方が幸せ!?

 

さて、変人の話。

周りから見ても明らかに、性格のおかしい人。

持っている(通常)8個の星を

生かせていない、とみます。

 

中でも主星という、真中の星はとても大事な星。

その人の心の中の心。

一番その人となりを表している星でもあるのですが

自分の心の奥の本心だったりするので

それが何なのか気が付かないでいる人も

沢山いるそうです。

 

その主星だけでなく、他に持っている星すらも

全然生かせていない場合、

その星は死んでいる、という表現をするのですが、

周りから見て、性格異常者の様に見えます。

 

逆に、大した業績を残していなくても

大変立派な人格者に見えるのが、

自分の持っている星をしっかり発揮させている方。

 

昔、父親に何度か聞かされた話。

 

「みんなポケットにダイヤモンドを持っているんだよ。

でも、自分のポケットにダイヤモンドが

入っているって知らない人が沢山いるんだよ。

だから、それを使えない。

もし、持っていることを知っていても、

知っているだけで使わなかったら

それは持っていないのと一緒なんだよ。」

 

そのダイヤモンドってダイヤモンドの原石だ!

そしてそのダイヤモンド原石って、

自分が宿命で持たされている星のことだ~、

と最近、思いました。

 

その人の能力。素質。才能。

智性だったり、芸術的センス、

探求心、優しさ、情熱、スポーツの才能などなど。

皆さん、色々な種類の原石を

5つ持っているのです。

 

それをどう生かすのか、どう使うのか?

 

性格が変に思われる人はきっと、

「ダイヤモンド持ってるんだよ。ここにー。」

と、輝きもしない石を持って自慢している人。

 

そして立派な人格者の人はきっと

「何も持っていないよ。」

って思っている。

 

なぜなら、

 

持っていた石を削って削って、

その星を輝かせて、何かに生かして使っている。

もうそれを使っているから、手元にない。

結局、凄く活躍しているのに謙虚。

 

輝きもしない石を持って自慢しているバカとは違う。

 

どんな星を持っているのか?

算命学で見て見たら早いと思うけれど。

自分でも自分の事を見つめて

自分の心と会話をすれば、

 

「自分の心=持っている星で出来ている」

 

ので、見えてくると思います。

 

その星をどうやって使って欲しいのか

わざわざ外の誰かに聞きに行かなくても

自分の心は知っていると思います。

 

他人や家族や環境、不快な経験やトラウマなどで

見えなくなっていたり、奥へ押し込んだり

しているかもしれないけれど、

きっと自分の中で輝きたくて

気付いてもらうのを待っているはず。

 

自分と対話して、自分を見つけて、

原石を磨く事に集中すれば

自分が置かれている状況や環境が

はっきりくっきり見えてきます。

 

自分が誰なのか、何をしたいのか、

そんな事を寡黙に追及していれば、

そして見つけたらそれを生かすことに

全力を注ぐことで、皆んな必ず、

 

「大変立派な人格者」

 

になるのでは?!と思います。

 

算命学で分かるのは、

持っている星とその生かし方。

具体的に何をするかは、自分で探して

決めて実行しないと

その星は生きてきません。

 

なので、探すだけでは終わらない。

色々な占いで色々聞いても、

知るだけでは、状況は変わらない。

自分が気が付かなかった自分の理想のイメージを

一瞬フラッシュで見るだけ。

 

よく色々な占い師に次々と

聞きに行く人がいますが、

その本来の自分が輝いている姿を

見せてもらえる瞬間の高揚感を求めて

行っているだけかもしれません。

 

でもそんなことばかりをしていると

輝いていない石を自慢する

お気の毒な人になってしまいます。

  

石を輝かせるのは、結構大変。

現実に向き合わないといけないから。

自分はダイヤモンドなんだけど、

まず光もしない原石であることを

認識するところから始まるので、

しかも、中にどのくらいの質と大きさのモノが

あるのか分からないから不安だし

そんなのみんな嫌。

でも多分、それが現実。

 

探して探して原石を見つけられたら、

痛い思い?をしてでも光出すまで削り出す。

追及する。実践する。

そこのところはが

変人か人格者になる分かれ道な様な気がします。

 

小さいうちからそれが出来ていれば、

きっと大人になって活躍する人になっているはず。

逆に、見つけても磨くのを怠り、生かせていない人は

まだまだ伸びしろがあるということ。

 

自分が持つ原石を磨けるのは自分だけ。

苦労して研究して磨く事で、

一番の活かし方と輝かせ方が分かってくる様に思います。

 

現状をもっと良くしたいと思っている場合は、

原石を磨いて磨いて、磨き出す事ができたら

自分が気持ちよく輝ける

新しい世界が待っているかもしれません。

宿命中殺ってなに?!

天中殺については以前こちらで書きましたが、

10年に一回は巡って来る天中殺。

2年間続くので、今年(酉年)天中殺の人は、

申・酉の2年間が天中殺。

明けるのが来年の節分、2月4日くらいです。

 

人によっては10年間単位の

大運’(たいうん)天中殺というのがあります。

20年間続きます。

この大運天中殺は、節分とは関係なく

誕生日で見ます。

〇〇歳の誕生日が来た時から20年間の

大運天中殺に入る、出る、ということになります。

 

算命学は人の一生を120年間でみるので

1歳から20歳まで天中殺、という人もいれば、

101歳から120歳までが天中殺、

という人もいるので、そういう方は

あまりもう関係ないかもしれません。

 

そしてその他にあるのが、宿命中殺。

これは生まれた時から持っている天中殺。

わざわざ巡ってこなくても、

生まれた時から中殺されています。

中殺される時期が、

初年期(20歳くらいまで)

中年期(20~60歳くらいまで)

晩年期(現役を引退してからお亡くなりになるまで)

 

または、このコンビネーションで、

初年期と中年期が天中殺とか、

中年期と晩年期が天中殺とか、

人生全ての時期が天中殺、っていう人もいます。

 

2年間の天中殺がインフルエンザだとすると、

この宿命中殺を持っている人は

常に軽く風邪をひいている感じで、

インフルエンザになっても、

免疫がある感じで大打撃は受けないようです。

 

普段、健康な人がインフルエンザにかかると

病気になること自体のショックも大きい訳ですが、

万年微熱がある感じなので

「別にいつもの調子悪いのが、ちょっと酷いだけじゃん?」

みたいな。

 

そしてこの宿命中殺をお持ちの方、

3人に1人はいると言われています。

結構たくさんいるじゃない!?

 

天中殺の特徴の一つとして、

「全うできない」「不完全」という

意味があるのですが、

この宿命中殺をお持ちの方、

生まれつき何かの物事を「全うできない」

というものを持っているので、

何かを求めようとすると、

それを全うできない。完成しない。

 

たとえばそれが芸術なら、どこまで行っても

納得のできる芸術作品が作れない。

思想でも、物でも、現実社会でもそう。

何かを追い求めても、納得するところまで行きつかない。

その結果、普通の人より、物事を突き詰め

凄い探求心で完璧を求めるっていう事が起きるので、

優れた芸術家や思想家など、文化を残す方は

宿命中殺を持っている方が沢山いるようです。

 

この宿命中殺を持っている方々、

現実世界の地位や名誉、財産などを

意識するより、精神世界を探求すると、

生きやすくなるそうです。

 

精神世界は終わりのない世界。

そこで完全なものを追い求めるので、

結構大変!

苦労が多くなることは必然の様です。

 

でも現実社会にこだわらず、

精神世界を追求することで

強い精神力が身に付き、生きやすくなる、、、

という仕組みになっているのだとか。

 

何か生き辛い、自分は人と違う。

この現実社会に違和感がある、

と感じている人は

宿命中殺を持っているかもしれません。

 

そういう方は、精神世界のお勉強をしたり

精神的な成長を目標とすると

生きやすくなるようです。

 

宿命中殺をお持ちの方は

求めてはいけないものがあり、

頼ってはいけないものがあるのですが、

 

何か謎めいていて素敵♡

と思いませんか?

気になる方は、是非お近くの算命学鑑定士さんへ!

 

怒りっぽい人

怒りっぽい人の宿命と言うのがあります。

 

沸点が100度ではなく、

50度どころか、人によっては20度位の方も。

 すぐにカーン!となってしまいます。

 

怒り方も2タイプあって

素直に怒りを表せる方、

拗ねてプーンとなっちゃう方
(無視する方はこのタイプ)

というのも分かります!

 

そんな方々に「怒りっぽいですか?」

と聞くと、大人の方だったら

「今はそうでもないです」

と答える人が半数以上います。

 

多分、怒りっぽい事でストレスになり

上手に受け流す方法を身につけたのだと

思われます。

 

そんな風に自覚があって

対処法を持っている方は

問題ないのですが、フツーに怒りっぽい方は

注意が必要です。

 

また、怒りっぽい人の中に、

怒ると顔に出てしまう人、

見かけは怒っている風に見えない人

という2種類の方がいます。

 

怒っているのが顔に出てしまう人と
怒っている風に見えない人。


顔に出てしまう人は、対人関係で

問題が起きやすいかもしれませんが、

顔に出ない人は、ストレスを

抱え易くなります。

 

なのでどちらもそれぞれ

あまり利点がないのですが、

気をつけて頂きたいことは、

この特徴をお持ちの方、

精神的ストレスが多いと

長生きする事が難しい、

と言われています。

 

ではどうしたらストレスを

上手に解消できるのかというと!?

 

感謝する習慣を付ければ良いそうです。

何があっても感謝。

 

足を踏まれても「ありがとう」

事故に遭っても「ありがとう」

お金を盗まれても「ありがとう」

人に裏切られても「ありがとう」

親が死んでも「ありがとう」

、、、だそうです。

 

感謝感謝で生きる事が出来ると

長生き出来るらしい!

 

長生きしたいかどうかは別として、

ストレスが少ない方が

良い人生を送れると思うので、

怒りっぽい方は是非に

意識してみたら良いのでは!?

 

でも何でも即座に「感謝!」と

思える様になるには、

脳にそんな思考回路を習慣付けないとなので

かなりの鍛練が必要になると思います。

 

でも結果、、、私の周りの人を

見て思う事。

世の中の怒りっぽい方って

実は意外と、感謝の達人が

多いのでは!?

 

小林正観さんが著書で、

 

「どんなに正しくても、怒った時点で

その人は100%間違っている」

 

とか

 

「怒るやつはバカだ」

 

(これは斎藤一人さんだったかな?)

 

と言っていましたが、

「怒る」という事は何か自分の存在意義に

危機感を感じて、それに反応しているのであって

 

それは感受性が強いから成せる技なので

音楽、絵画、ダンスなど芸術的なもので発散したり

頭を使って対処法を考えたりするなどの

発散の仕方があるかと思います。

 

ピアノで激しい曲をガンガン弾いたり、

キャンバスに絵の具をぐわーっと乗せたり

思考を膨らませてあり得ない理論を導き出したり!?

 

怒っている暇があったら、

身体や感性や思考をフルに動かして

発散させながら、

心のバランスの支点を見つけていけば

きっと楽になると思います。

 

そんな風に、自分の扱いにくい感情も

何か能力として生かせるようにすれば

運勢も良い方へ伸ばす事が出来るのでは?

と思います♫

 

 

生まれた日の干支で分かる事

年、月、日の干支の組み合わせで運勢を見る

算命学ですが、日の干支(左側の上下の干支)

だけで分かる事があります。

全部で60個ある干支ですが、

 

例えば、六秀日と言って、

ルックスも良く、家族にも恵まれ、仕事も順調。

お金も十分あって、幸せ。頭も良い。

という日干支を持つ人。

 

女性の知り合いで何人かいますが、

皆さんいわゆる「美人」で、聡明な方々です。

 

それから、八専日といって、

病気することもなく丈夫で長生きな人。

とてもエネルギッシュな方が多いです。

 

あとは面白いところでは、

大勢で居酒屋などで飲んでいて

お会計をする時にいなくなる人。

これは日干支と主星のコンビネーションで

分かります。

こういう人、今でもいるのでしょうか?!

 

あとは、霊感の強い人

他人の運に乗って来る人、

結婚運の良い人、悪い人。

子供が出来たら、旦那と仲が悪くなっちゃう人

などなど、、、

 

そしてその日干支同士で

相性なども分かってしまいます。

 

六十花甲子というのを検索すると

色々意味が載っています。

自分の日干支に該当するものを見てみたら

意外と納得するかもしれません!

 

この日干支、その人の50%くらいを

表現している、当てはまる、と言われています。

 

たまにドギツイのも書いてあったりするので

笑えますが、、、笑えないのもあるので

興味のある方は「宿命の出し方」を参考に

「高〇算命学」や「きこくさんめいがく」の

サイトなどを利用して、

自己責任で調べて見てみてください!

 

どんな日干支でも、自分の半分くらいを

構成しているものなので、

良い特徴にして生かせるように

自分の分身として

大事にして欲しいと思います♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嵐が好きな人

嵐が好きな人といっても、

あの人気グループのコンサートに行って、

世代関係なくずっと立ったまま踊りまくる

人たちの話ではありません。

(そしてそんな皆さん素敵だと思います✨)

 

ここでは、台風とか、強い風とか、

激しい雷と雨とか、

天変地異的な現象に不謹慎にも

ワクワクしちゃう人の事です。

 

結構該当する方がいるのではないかと

思いますが、そういう方、

宿命に激しいものを

持っている可能性が高いです。

 

フツーだと、穏やか過ぎて

なにか物足りなく感じてしまい、

刺激が欲しい感じがしてしまう。

 

なんだか不謹慎に聞こえるかも

しれませんが、雷がゴロゴロ言い始めたり

すると、体でワクワクドキドキ

感じてしまうので、 しょうがないのです。

 

そういう激しいもの?を持った宿命の

方々、穏やかな時代では

活躍の場が無い訳では、

全くないですが

 

社会的に混乱の時期だったり

それこそ災害時など

本領を発揮します。

 

ボーっと唖然として、立ちすくんで

いつまでもメソメソしたりせず、

率先して混乱の中でも動き出して、

復興へ向けてバリバリ動き回ったり

するそうです。

 

消防士さんなど、危険な中へ

身を投げ出して人助けをしている方々

なので、もしかしたらそういう逆境に

強い方が多いのかもしれません。

 

雷が鳴ったり、暴風雨が来たりすると

ワクワクしてしまうあなた!

 

もしかしたら、何か社会が混乱した時など

いち早く動き出して、困った皆さんの

お役に立tてる人材かもしれません♡

 

そしてもしかしたら、

そういった少し不安定な場所?

みんなんで仲良しこよしで

のんびりしている環境より

何か改革的な事を目指せる環境の方が

合っているかもしれません。

 

どんな宿命にせよ

自分に合った環境で、

求められる人材として活躍出来れば、

自分の持っている星を

キラキラ輝かせることができて

たとえ苦労があっても、その中に

やり甲斐や、学びがを沢山見つけて

気持ち良く生きられるのだと思います!

 

 

 

 

 

人生やり直し?

「人生二度運」というのがあります。

人体図の星の並び方で分かるのですが、

特徴としては、人生が二度ある、つまり、

人生を二度味わえる。

 

何のこっちゃという感じですが、

既に中年期に入っている方だったら、

「結婚していますか?初めての結婚ですか?」

と、聞きます。

 

この運勢の方、全く違う人生を体験すると言われ、

二度目の方が良いとされています。

失敗の連続の人生から、再婚を機に幸せな人生に。

フツーだった人生から、素晴らしい人生に。

など。

 

この人生二度カード、結婚だけでなく

仕事でも使えるそうで、

転職を機に、内容も全く異なる業種で大成功!

サラリーマンから個人事業主になって大成功!

みたいな感じで使えるそうです。

 

ただ、使えるカードは1枚なので、

結婚に使った場合は仕事では使えなく、

仕事で使ってしまった場合は結婚では

使えないとのこと。

 

この宿命を持っている方、

何人か鑑定したことがありますが、

きっとドラマチックな人生を歩まれるのだろうと、

ドキドキしてしまいます♡

 

2度目の方が良い人生と言うことで、

ハッピーエンドな人生を送るのかしら〜と

素敵に思います。

 

でも、そんな宿命を持っていなかったとしても、

もし自分の人生に行き詰まっているのなら

変える勇気を持って実現する努力をすれば

どんな宿命の人でも

良い方向に変えられます!

 

気付けば、運勢の風向きが変わる算命学!

ちゃんと良いタイミングで

新しくリセット出来るような運勢が必ず周ってきます。

そんなタイミングを見逃したりせず、

最大限活かせるように、

大きな決断の前には算命学で確認してみて下さい。

 

大きな変化には、人によって努力が必要だったり、

周りに助けられたり、と条件が色々

異なるかもしれないけれど

自分らしく生きれば運勢は必ず良くなるそうです♡

 

 

 

子供とどう付き合う?

 

子供との相性について、よく、

「うちの子と気が合わない」とか

「何を考えているのか分からない」

「どう扱っていいか分からない」

など、子育てに悩むお母さんが結構います。

 

何人かお子さんがいる場合は、

上の子とは気が合うのだけど、

下の子は何を考えているか分からない、

とか、同じ兄弟でも扱い方が分からない方なども。

 

色々な教育の本を読んで勉強したのに、

上手く行かない、、、とか、

高齢出産でやっと授かったのに

産まれて見たら、結構大変。

すぐ保育園へ、、、など。

 

努力の甲斐むなしく、

頑張れば頑張るほどこじれてしまったりと、

解決できない場合があるようです。

 

そういった場合、

親子の宿命や人体図から原因が分かります。

 

持っている星や人体図の

どの場所に、何の星があるかをを見ると、

 

子供が好き

母親を大切にする

子育てが下手

親にストレスを感じる

無意識で親にストレスを与える、

子にストレスを感じる

計らずとも子にストレスを与える

 

などということがハッキリクッキリ見えてきます、

 

そうすると、対処法が分かるので

関わり方をお伝えすると、

「あぁ、それでいいんだ」

となるので、関係性が良くなったりします。

 

自分の宿命や性格を知って

自分がストレスにならないようにすることも

大事ですが、お子さんの事も理解して

対処法を学んでいくと、

 

どうしたら上手く良いところを伸ばせて

悪いところも強みとして変えられるのか、

ということが見えてきます。

 

「子供の事が分からないっ!」、または

「うちの夫(または妻)が子供と上手くいっていない!」

という方、、、

多分、ご自分(当人)の事と、お子さんの事、

両方を知ることで、

新しい付き合い方を研究して

関係性が上手く行くようになると思います!

 

先日、凄くすごーく生意気な3歳児と長時間、何日も

一緒に過ごす機会があったのですが、

癇癪もちで本当に気性の激しい女の子でした。

お子さん何人かいる人でも「皆を困らせて大変よ~」と

手を焼いていました。

 

見ていると手を焼く気持ちも分かるのですが、

3歳ぐらいの子供って、まだ生まれてから

3年しか経っていなくて、しかも

そのほとんどは寝たきり(って言わない?)や

這いつくばり状態。

世の中の事なんて、人の気持ちを気遣って

立ち振る舞い出来る子なんて、皆無だと思います。

情緒の安定した子なら、扱いやすいけど

そうではない子は手を焼くに決まっています。

 

なので、大変も何もないのですが、

一応、生年月日を家族に聞いて見てみると、

その気性の粗さが、どういったものから来ているのかが

サッと分かりました。

彼女の場合、神経質でイライラしているわけではなくて

自分の思い通りに行かないと激しくイライラ、

ダメだと分かっても、納得がいかず大騒ぎ、

みたいな感じ。

本人の好みでキレたりなんだりするものだから

気を遣ったところで何が出るか分からない。

、、、という感じでした。

 

なので、そんな場合の対応方法。

好きに騒がせる、、、。

こちらはいつもと変わらず普通に過ごす。

いちいち振り回されずに、

「まあまあ、落ち着いて―」とか

「そうなのー?良かったね♡」とか

「嫌だったね。しょうがないね」など

「手伝ってあげようか~?」

など言っていれば分かって貰えたと思って

それ以上は騒がない訳です。

「違う!ぎゃーっ」ってなったら

「そうなのー。」といって

落ち着くまで、そっとしておいてあげる。

 

「思い通りに行かない=自分の意志を通せばなんとかなる」

という回路が出来上がっているので、

それはその様に対処して、

頭の良い子だったので、機嫌の良い時を見計らい

「今日のあれさー、泣いて怒るより、

優しくお願いした方がプリンセスモアナみたいだよー」

とか

「ニコって笑ってこういう言い方すると、もっと可愛いよ」

(かわいさを意識していた子だったので)

とか言うと、ちょっとその後意識して

変わったりします。

 

ももし、神経質なタイプで

怒りっぽい子だったら、

もっと気遣うと良い事と、放っておいて

おかないとダメなところ等を

気を付けて、過ごすと思います。

 

機嫌が悪くなるのも、

心が傷ついたりするのも、

人によって理由は千差万別なので

その子の特性を見極めることが鍵。

 

力の入れどころと抜きどころが分かって

子育てが楽になり、

面白いように子供の心の機微が分かるので

自信もつくと思います♡

 

子育てにお悩みの方、

是非お近くの算命学鑑定士へ!

 

長野、東京方面の方

とても良い鑑定士さん、ご紹介できます♡