自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

怒りっぽい人の宿命

怒りっぽい人の宿命というのがあります。

この星の組み合わせを持っている人は怒りっぽいです。

普通の人より、怒りやすいのです。

 

一見、穏やかそうでも

「この人かなり激しいぞ。怒らせると怖いぞ!」

というのが分かります。

 

そしてそれはちゃんとした理論に

基づいているのですが

ここでは難しい話はせず

大体の傾向をお話しします。

 

芸術家とか、特に音楽やピアノの先生は

ヒステリーだとかよく言われますよね。

女性が多いからか、「キーッ!」と

なっているイメージ、掴みやすくないですか?

ピアノの先生、見ていたらごめんなさい。

(でもこれから良い事も言います、多分。)

 

音楽家の人は、絶対音感があったり

心を揺さぶるような演奏をしたり。

特別な能力が長けている気がしますよね。

 

なぜ芸術的な表現が出来るかというと、

感じ方が凡人とは違うからのです。

感覚が研ぎ澄まされているので、

人よりも色々感じる。多くを感じる。

 

「よく琴線に触れる」という言い方をしますが、

芸術家の人はその線が

普通の人よりも多く張られている感じでしょうか。

鈍感というか、凡人的な人は、

普通、何か一つのところでビン―ッ!と反応するのですが、

感覚が研ぎ澄まされている方は、

四六時中色々なところでビビビーン!と来ちゃいます。

しかも周りの感覚と共振しあって、

あちらこちらで(頭や心の中で)

ビンビンどころかボワンボワン来てしまいます。

 

だからこそ、人より多くを感じて

それを音楽に限らす文字でも踊りでも歌でも

媒体に載せて表現できるわけですが。

 

ちょっとした振動でも、

しっかり受け取ってしまうのです。

繊細というか、感じやすいというか、多感というか、

とにかく、煩わしいこともあると思うけれど、

凄い能力が備わっているのです!

 

人より色々と感じる、見える、聞こえるという能力があって

でもそれは霊的というより、感覚的。

行間を感じるというか。

例えば普通の人が、

風景を見て、「綺麗!」と思うところを

「ここの色彩のバランスと

光の関係がどこそこを引き立てて

さらにあそこの静かなところから

全体の調和が作り上げられて・・・」

というように、漠然とではなく詳細まで色々感じてしまうわけです。

そうすると、「わー!綺麗!」

だけではやり過ごせなくなります。

 

他の人が「そんなに綺麗だった?」と思うくらい

残像がずっと頭に、感動が心に残ってしまって、

そうすると、それを表現せずにはいられません。

心から湧き上がってきてしまうので。              

そして入ってきたものは出さずにはいられなくなり、

表現したくなる!

 

そんな研ぎ澄まされた感覚の人が

ストレスなど、ネガティブな事象に晒されたら

どうなると思いますか?

悲しみや苦しみ、傷つき方や落ち込み方が

普通の方に比べてそれはそれは激しいだろうと

想像できますよね。

 

嫌なことを言われたりしたら、

「イヤっ!」ていう気持ちだけでなく、

その時のその人の表情、目つき、声のトーン、

周りの風景、空気感、周りの人の顔つきなどなど

全部感じ取ってしまって、

それが忘れられなくなってしまうわけです。

 

何事にも表と裏、陰と陽があるので。

振り子の片方が振られれば

同じだけ反対側にも行きます。

 

綺麗なものには、相対的な醜悪なものの存在があって

喜びの裏にはそれ相応の悲しみがあったり。

 

「上手だね」というものと

「感動するね」というものの差は

技術だけじゃない、そこの両極端を知っている

表現した人の心の形にあると思います。

 

さて、本題の怒りっぽいっていう話。

怒りっぽくなる条件がもちろんあって、

ある条件が重なると、そうなる訳ですが

その条件の一つに、この芸術家の星を持っている、

というのがあります。

 

もう一つの条件との組み合わせによって、

怒りっぽく、瞬間ヒステリーになったり。

さらに、違う組み合わせでは

殺人を犯したことのある犯罪者が持っているという、

人を刺したくなったり。

 

先ほど言ったように、全ての事は表裏一体で

同じだけの振り幅がある、というだけなので

「感じる事」自体には全く問題がないのです。

難しいのは表現の仕方。

 

感じる能力は、訓練や薬?によって

どこかのネジを緩めない限り、無視できるものではないので

上手な発散の仕方を見つけなければストレスが溜まってしまいます。

 

色々精神修行して怒りの感情を抑える、

という方法を取る人がいますが、お勧めしません。

多分間違っています。

発散しない限りは絶対蓄積されて、いつかドカン!となるか

病気や精神病など、自爆すると思います。

 

自分が多感だと思われる方、

そんな方は芸術家の星を持っている可能性が高いので

是非、上手な発散方法を見つけてください。

それは音楽でも、書くことでも、演じる事でも。

 

自分がそんな星を持っているかどうか

上手に付き合う方法など、

興味のある方はお茶会などに参加してくださいね♪

 

毎月、少人数で第3金曜日に開催します♡

あなたは純?それとも濁(だく)?

あなたは純粋ですか?それとも濁ってますか?

濁るって何?心?って感じですが、、、。

 

純粋な人は、心が綺麗で(多分)傷つきやすいかもしれません。

そして濁っている人は、騙されにくく、

したたかで世間ずれしているかもしれません。

 

性格の鑑定をする時、純か濁かというのを結構真っ先に見ます!

どうやって判断するかというと

人体図に出てくる5つの星で。


人体図に出てくる星は純星と濁星というのがあるので、

どちらが多いか見ると
文字通り、純粋な人か濁っている人?か分かります。

 

純な星ばかりの人でも、同じ星が2つ以上あると

ちょっと意味合いも変わってきたりしますが。

 

先生によると、世の中は濁で出来ているので、

純な人は多少生きにくいようです。

人を信じやすく、騙されやすいというか。

逆に濁の人は、結構こなれている感じで、

騙されにくいようです。

 

私の見解では、、、

純の人はあまり悪意がなく

悪口をあまり言わず、人の良いところを見て性格が良いかと思えば、

極端に世の中を敵視する人もいます。

 

濁の人は、結構皮肉屋で、物事や人を斜に見る人が多い、、、

気がします!

 

芸能人でいうと上戸彩ちゃんは純。

石原良純は濁。

 

それから、純の人は家庭的です。

家族で過ごすことを大事にして

実際、外へ出て色々な人と交わるよりも家でのんびりするのが好きなようです。

逆に、濁の人は家でジーッとしていられません。

好きな仲間からお誘いがあれば、

家庭の行事があっても出掛けてしまいます。

 

鑑定などされたことがなく

自分がどちらか知らなくても

これを読んでいて雰囲気的に

どちらか分かるのではないでしょうか?

 

純と濁で相性を見ることもできます。

純は純同志、濁は濁同志の方が相性良いです!

 

うちの旦那は純、私は濁なのであまり相性が良いとは言えません。

私が外に出かけたくても、彼は家でのんびりしたい、という感じの時も多いです。

 

そして私の物の見方が批判的だと、よく指摘されます。

でもその替わりに騙されにくいのかも!?

 

この純濁の話を旦那に教えたら、「おまえは濁だから・・・」

と事あるごとに言われるようになったので、

「いえいえ、純の星もありますから」

と言ったら、、、、

 

「紅茶にミルクいれたら濁って向こう側は見えないんだよ。

少しでもミルクが入ったら見えなくなる。

純はシースルーで見えるけど、濁は見えない!濁は濁だ!」

 

と豪語され、なんだか納得してしまいました。

私にも純の星があるのですが、3:2で濁の星の方が多いのです。

 

ということで、所詮「濁」な私は

濁らしく生きる方が良いのかもしれません!

 

私、自分で言うのもなんですが、結構人を見る目があります。

今までは、自分が嫌悪感を抱くその人の欠点に

気が付いても気が付かないふりしてお付き合いしていました。

ただ、やっぱり「純は純らしく、濁は濁らしく生きる」ということであれば、

お仕事などの利害関係がない限り、心の内を全開にして

嫌いな人にはそれなりの態度を取った方が良いのかもしれない!

と思う今日この頃。

 

ちなみに個人的に、

妬みの強い人、奪いたがる人、汚い噓をつく人、、、

は苦手です。

 

なるべく無視してその人の良いところと

お付き合いしようとしてきましたが、

身近なところで、程度の差こそあれ結構います。

 

そんな性格も見えてきてしまう算命学。

自分を守りたい人など、算命学をお勉強したら

結構人間関係が楽になるかもしれません♪

動物的な本能ってアレだけど、人間の本能ってナニ?

本能と聞いて思い浮かぶのは何ですか?
普通は食欲・睡眠欲・性欲ですよね。
でもそれは動物的な本能の話。

算命学では人間として生きていくための本能を教わります。


毎日起きて、顔を洗って新聞やテレビを見ながら?ご飯食べて
支度して会社へ行って、同僚とお喋りしたり上司の悪口言ったり。


毎日のそんな、サルではできない人間らしい
行動の元になっている5つの本能が
誰にでも備わっています!

 

人間に備わっている5つの本能。

 

それぞれ名前がついていますが、固い話になってしまうので
大体な感じで言うと、、、


1. 自分を良く見せたい、魅力的だと思われたい
2. 自分や大切な人、物を守りたい
3. 自分の知っていることを伝えたい
4. 自分の世界(行動範囲?)を広げたい
5. 色々新しいこと、楽しいことを学びたい


の5つです。


これらの本能が原動力となって人間は行動するそうです。


ざっくり説明すれば、、、


顔を洗って髪を整えお化粧をする → よく思われたい
ご飯を食べる → 自分の体を守る
新聞を読む → 知識を増やす
仕事に行く → 世界を広げる
お喋りをする → 伝えたい


という様な感じ。

 

宿命から人体図を見ると、人によって
それぞれどの本能が強いのか
持っている星で分かります。


大人だったら、お仕事などで成功している場合
鑑定するまでもなく分かる事。


例えば、実力のある俳優や作家、芸術家は
伝える本能の星が必ず付いています。


学者さんや研究者の方は、知識を習得する本能の星を、
スポーツ選手は攻撃の(世界を広げる)星を持っています。

 

色々な本能が、星によって分かるわけですが、
その星がどこに付いているかにもよって
どの星が使いやすいか、使いにくいかも一目瞭然。
どんなシチュエーションでどう対応するのかも分かります。

 

例えば私。
知識を習得する場所に知識を習得する星を持っています。
だから多分、テレビもナショジオとか教育系の番組が好き。

 

あと分かりやすい例でいうと、
先日、参加した「好きを仕事にする」の
かさこ塾のかさこさん。


攻撃の場所に「伝える」星が付いています。
だから、攻撃方法は言葉。
ブログを見るとバカだのウンコだの
気持ちよく書いていて、読んでいるこちらも清々します!

 

使いやすいところにある星は上手に使って、
使いにくい場所にある星については、、、


逆にどんなシチュエーションでどの本能を出すと
自分らしさが出るのか分かれば(かさこさんみたいに)
自分らしさ満載で輝けるのでは?と思います!

 

ちなみに本能自体は全ての人に備わっていますが
その星が人体図にない場合があります。
そうかと思えば、同じ星ばかり幾つも、、、、。


後者の場合はまた違った見方になるのだけど
人体図にその星がない場合、その本能は使えません。

 

例えば私、「人に良く思われたい」という星がありません。


でも一応、身だしなみとか最低限気にしていますが!笑
それを自分らしさを出すために意識的に使えない、ということです。


使えないのに、使おうとすると不自然になる・・・。
この勉強を始めて、なぜ自分の意図しないところで
勘違いされるのか良く分かるようになりました。


本人の気付かないところで、不自然な行動を取っていた訳です。


「生きにくさ」を感じている時、
かなりの確率で自分らしさを出せていない
(自分の得意な本能の星を使っていない)可能性があります。

 

算命学は「気」の学問。
知って気付けば、それだけで現象が変わってきます!

 

自分を知って、自分らしく気持ちよく生きたい♪

 

天中殺って名前が怖いんだけど、ナニ?

天中殺。誰もが10年に1度は回ってきます。

人によっては10~20年間の天中殺っていうのもあります。
名前は「殺」とか付いて怖いですが、

怖いものではありません!たぶん!

 

気持ち次第で楽しく過ごせる時でもあります。

 

算命学を習い始めた時に教えてもらった事ですが

人間の人生は土管の様な中を生きているそうです。

土管?狭くてジメジメして暗そう!って感じなので、

ここでは土管ではなくて、外が見えるアクリルの大きくて

透明なパイプと表現したいと思います。

暗くて陰気なのより太陽が当たって外が見える方が良いので。

 

なんの話?って感じですが、

さて、そのパイプ。人によって幅と高さが異なります。

狭くてやっと一人通れそうな場合もあれば、

中でテニスができるくらい大きな場合も。

宿命によって、大きさが変わって来るようです。

 

それでどうしてパイプなの?って事ですが、

実はそのパイプによってその人の人生は守られています。

上に行くのも、下に行くのも、

上限と下限が決まっているからです。

パイプの範囲の外には出ない。

だから大成功・大失敗をする人がいる一方で、

小成功しかできない代わりに

小失敗にしかならないっていう人もいるわけです。

 

どんなに成功してもこのくらいまで。

その代わり、どんなに失敗してもこのくらいまで、、、という感じ。

 

適当な写真が見つからなかったのですが、

こんな感じ?笑

http://www.1999.co.jp/blog/img/120816_subway4.jpg

 

 

そこで天中殺の話になるわけですが

天中殺の時期は、その時期が終わるまで

ちょうどこの写真の様に、パイプの外へ出てしまいます!

 

なので、普段と違う世界に行けるわけです。

上に上がるのか、下に下がるのか、あまり変化がないのか。

それは年周りとその人の生き方で随分と変わってきます。

 

なので一概に良いとか、悪いとか言えないのですが、

その人が普段守られている範疇から出ているため

不安定であることは間違いなので、

この時期に大成功したり、大失敗したりする方が多いです。

また、普段の自分ではなくなる可能性が高くなり、

勘違いが起きやすくなるので、

普段と違う事をしてしまいがちです。

結果、すぐに現れなかったとしても、

失敗で終わってしまうようなことが多いみたいです。

 

例えば結婚とか、引越しとか、大きな投資とか。

天中殺が明けると「あれ?」ってなることが良くあるみたい。

 

野球選手が大リーグで何百億みたいな契約をしたり、

あまりパッとしないのに、芸能界で急に人気が出たり、

生年月日を調べると天中殺中の方が多いです。

 

じゃあ天中殺中は我慢しなきゃいけないの?

何もできないの?って疑問が出ると思うのですが

大丈夫です。

 

「平常心を保つ!」「欲をかかない!」

 

この事だけ忘れなければ、天中殺の禍は避けることが出来ます。

もう一つ、大切なポイントがあるのですが、

また次回に書こうと思います。

天中殺中は夢を見ている状態だと思って、

野心など持たずにのんびり楽しめば、大禍なく過ごせるそうです。

 

でも、野心や欲が満々な状態で大成功して、

そのまま天中殺が終わってしまった場合、

その人は自分の元のパイプに戻れなくなってしまうので

その後の人生で運勢が乱高下する可能性があります。

小室哲哉さんの資産100億から借金100億みたいな。

 

私の先生が言っていた天中殺中のおすすめの過ごし方は

「感謝を忘れず、普段お世話になっている人にご馳走する」

「とにかく勉強する!」

 

勉強?と言っても、天中殺後のステップアップになるような

何かを勉強して身に付けるという意味。

この時期は、物事の吸収が凄く良いので

普段以上に勉強がはかどって、身に付くらしい。

 

ちょっとした自分自身へのご褒美的な

旅行へ行くのも良いみたいです!

 

普段と違う事が起こるので、それはそれで十分楽しんで。

でも本来の自分を、またお世話になっている人への感謝を

忘れずに過ごすのが、天中殺後の人生を

大きく良い方向へ変えていくカギになるようです!

 

宿命ってどうやって出すの?

算命学を勉強したいなーと思っている方に向けて、

ちょっと宿命の出し方の話を。

 

今でこそパパッとタブレットで誕生日を入力すると宿命がすぐ出てきますが、

以前(10年くらい前)は、鑑定に行くと

鑑定士さんが本だか小冊子だかを取り出して

表と睨めっこしながら、宿命を出していました。

 

普通の暦では、〇年の1月からその年、〇月1日からその月と

数えますが、算命学では(他の四柱推命九星気学も一緒)

新年は節分(2月4日頃)から、月の始めは「節明け」と言って

月によってもその年によっても異なります。

今年で言えば、4月なら4日頃からが4月で4月3日までは3月、

12月なら7日頃からが12月でそれ以前は11月。

 

なのでこれら中国の暦に由来する占い?を鑑定する人が言う何年、

何月生まれっていうのは、自分が思っているのと異なったりします。

例えば、1月1日生まれの人は、前の年の12月生まれとして計算します。

 

そしてちょっと難しい話の、宇宙の気と地球の気の組み合わせは、

(時間と空間の組み合わせと解釈されてます)

全部で60個あるのですが、それを年、月、日と組み合わせて、

それを3つ並べて表示します。

右側から下の様に年、月、日と並びます。

全く同じ組み合わせが出るのは216,000日、約600年に1度。

なんか神秘的?!

 

縦に3本の柱が立っているような感じで、

昔は三命学と呼ばれていたとか諸説あり、

四柱推命は、これに生まれた時間も加えて柱が4本になるので

四柱推命と呼ぶらしい。

*ちなみに算命学では、季節又は変化のあるものを対象にみるので、

1日という単位は陽が昇り沈んだ後まで環境の変化があるけれど、

1時間の中にはあまり移り変わりがないとして

最低限の単位は「日」になります。

 

1958年2月4日生まれ

<宿命>

壬 甲 戊

子 寅 戌

 

<人体図>

    車騎星 天南星

石門星 車騎星 玉堂星

天将星 鳳閣星 天胡星

 

ちなみにこれ、私が小学生の時、

金八先生を見て以来ファンの時任三郎さんの宿命です♡ 

今日初めて見ましたが、私とは結婚運が良くない!笑 

でも惹かれる意味が解りました。(どうでもいい?)

 

たとえ600年に一度でも、同じ日に何千人も何万人も?生まれる中、

みんな同じ宿命だったら、誕生日が一緒な人はみんな同じ人生を

歩む事になるじゃない?おかしいじゃない?!って疑問が出てきます。

だって、そんな訳ないので!

 

他の占いは知りませんが、

算命学ではここで聞き取りという作業が出てきます。

家族構成(長男か?など)やご両親の宿命を見たり、

守護神や忌神(この記事参照)が誰で、

その人とどのように過ごしてきたか、

お家が裕福だったかそうでないか、

(お金が守護神だったり忌神だったりする場合がある)

甘やかされたか厳しく育てられたか、

(エネルギーの強さでどちらが良いか異なる)

等々を聞いていきます。

例えば双子ちゃんでも、どちらが上の子として扱われたか、

お互いが家族とそれぞれどのように接してきたか、

などで随分と性格や中年以降の人生が変わって来ます。

 

双子ちゃんの話ついでに、私、ガーデニングが趣味なのですが

たまに1つの種から2つの芽が出てくることがあります。

嬉しいのだけど、根が絡み合わないうちに放してあげないと

どちらか強い方がよく育ち、弱い方は育たなくなります。

同じ種子からでなくても、厳選して同時に蒔いた種なのに

水のやり方、陽や風の当たり方でだいぶ育ち方が変わってきます。

 

人間も同様で、双子ちゃんに限らず同じ誕生日や、

同じ親の元に生まれても、生まれた日(種の種類)と同じくらい、

環境(日光や水やりなど)によって、その後の人生の中で

大きく立派な木になって綺麗な花を咲かせらるか否か

決まって来るようです。

 

そうそう、宿命の出し方。

私はなかなかのお値段で購入したソフトを使っていますが、

ネットでもいくつか宿命や人体図が無料で正確に出てくるものがあります。

「高〇算命学」や「鬼谷算命学(きこくさんめいがく)」というサイトが

色々詳しく載っているのでよく使っていました。

(承諾得たりが面倒なのでリンクは貼りません汗)

高〇学館さんの方は節入り日が異なるときがあり

人体図の星が変わって来ることがあります。

興味のある方は色々見てみてください🎵

 

算命学って実は凄くスピリチュアル!?

西洋占星術、いわゆるホロスコープは、生まれた日の夜空の星の並びで運勢や性格を見ますよね。

算命学も生まれた日から宇宙の星の並びで運勢や性格を見ますが、それに加えて地上の気の流れも組み合わせて見ます。

 

生まれた日に、その人が地上に誕生した時の星の並びと気の流れを見て、その人に宇宙からどんな気が流れて来ていて、身体からどんな気を発するのか(どうやって消化するか)を人体図という8つの星の並びで見ていきます。

 

絶えず人間に宇宙からの気が流れ入っていて、その入って来る気を現実に身体を使って発散して行く、その気の流れの学問が算命学。

 

宇宙から入って来る気を身体で発散するとして、それはどうやって表現されるかというと、その人の持つ「心」。算命学ではその「心」が分かってしまうのです。

 

沢山の良い気が入って来ていても、それを発散して行かないと、気が流れないので運勢が流れません。せっかく気を発散させる星を持っていても、それが全く使えていない場合「その星は死ぬ」という表現をします。

 

あっても無いに等しい事になってしまう。

そうすると上手に生きられなくなり、運勢も悪くなったり、実際に体調とか具合とかも悪くなってしまったりします。

 

持っている星のことを学ぶと、どう発散していけば良いか分かるので、自分に流れて来る気を上手に流して行く方法が分かります。自分の星を輝かせると運勢も上がって、気持ち良く自分らしく生きられるそうです♡

 

どこがスピリチュアルって「宇宙の気」の学問で心の中が分かるとか普通に言ってしまうところ?

 

自分がどんな星を持っていて、どの様に使えば自分らしく生きられるのか?興味があればお茶会や勉強会に参加してみてください〜。

お待ちしてまーす♡

 

 

干支の動物って意味あるの?

子・丑・寅・卯・辰・巳・・・と皆さんご存知の干支ですが、

よく、干支は当たる!私は寅だから強い、申だから細かい、亥だから猪突猛進、、、とか言う人いますよね?

 

もともと中国で暦を作るために用いられた十二支。

実は身近な動物が分かりやすいだろうということで用いられたらしく、特に意味は無いそうです。

私は亥年なので、小さい頃から「思い込んだら猪突猛進」とか言われ続けましたが、私が持っている貫索星という頑固な星の性質が出ていただけで、猪とは関係ありません、という話です。

 

全て身近な動物ということですが、一つだけ架空のものがあります。それは辰!

訳あって辰だけは架空の動物が用いられたそうです。

 

理由はというと、、、、

 

干支を月で見ていくと、子月は12月、丑月は1月、寅月は2月で卯月は3月。

辰月は4月になります。

今日から4月ですが、暦の上では節入り日と言って4月の3日くらいから辰月と数えます。

この4月は特別で、何も無い冬の茶色い風景の中から、急に華やかに花が咲き始めます。

桜のように一斉に花が咲いて、昨日まで何もなかったのに一晩でいきなりカラフルになったり。

一気に生命が芽吹くようなそんなイメージが、まるで魔法のよう✨ 

、、、ということで、魔法=架空の動物を用いたそうです。

お釈迦様も4月生まれだし、4月は何か神がかっている感じがします。

 

この辰月の4月、実は私たちとって、とても大事な月です。

算命学では、この4月の体調が今年の残りの一年の体調を作用すると言われています。

もし今月、ずっと風邪気味とかで調子が悪いと、今年ずっと体調がパッとしない。

逆に、今月調子が良いと、ずっと調子良く過ごせるそうです。

 

なのでもしいま風邪気味の人(私がそう!)は早めに治して、4月を心も身体も絶好調な状態で過ごせるように体調を整えてください♡ 

そうしたらきっと今年はずっと元気に過ごせること間違いなし!です。