自分らしい生き方を知る 算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

幸せな人と幸せではない人の差

世の中には、「自分は幸せだ」と言える人もいれば、

いつも「大変だ」と愚痴っている人もいます。

 

鑑定などをしていると、「大変だ」と色々と

悩みを抱えている人に、何とかいいアドバイス

送りたい、、、などと色々考える訳ですが、

暖簾に腕押し的なケースが多々あります。

 

愚痴を言っている人は、いつも愚痴ばかり言っているのだけれど、

なんでだろう?ともともとハッピーな人じゃないんだな、、、と思っていました。

 

一方で、「自分は本当に恵まれている。」「幸せだ」と

事あるごとに言える人がいます。

色々勉強している人が多く、自分の哲学を持っている様に

思える人たちです。

 

この差は何なんだろう?と、、、。

 

例えば、病気の母を抱えている人がいるとします。

その人は、母が心配で、気が休まる事もなく、

看病もしなくてはいけなかったり、

自分の家族の事もあるでしょうに、母やその家族の事を

引き受ける事になったりして、色々時間的体力的な

制約を受ける事になり、それなりに心労など問題を抱える事になります。

そして、母が完治して、その問題が無くなった時に、

「あぁ。母が元気になって良かった。母が健康で本当に幸せ。」

と感じることが出来ます。

 

母がずっと元気でこんな心配を抱えた事が無い人は、

「母が元気で私は幸せだ、、、」と心底思うことが

少ないかもしれません。

 

つまり、「幸せ」だと言える人は、それを感じるだけの

「不幸」や「苦労」を経験した人。

「幸せ」のメモリに達するには、同等の「苦しみ」を

経験していないとなかなか感じる事が出来ない訳です。

 

 

逆説的になるのですが、実際の所、

自分が「幸せ」と言う人は、辛い思いをしている不幸な人。

 

自分が「幸せじゃない」という人は、苦労や辛い思いをしていない、

実は、幸せな人、、、という事。

 

 

基本、常にぎゃあぎゃあ愚痴や文句を並べ立てる人は

そこそこ幸せだと思って間違いないと思います!笑

 

カルマは周るよ

線路は続くよ♪どもまでも!?

みたいな感じで、カルマは周るよ、どこまでも!

良いカルマ(恩徳)も悪いカルマ(因縁)も

それが消えて無くならない限り

未来の自分に、家族に、子孫に

廻り回るようです。

 

ある小さい子がいて、

外で楽しく遊んでいたら

脚を挫いてしまいました。

たまたま近くにお医者さんがいて

ササっと診て治してくれて、

痛みも無くなったのですが、

その子は学校をサボりたいものだから、

ママに「脚が痛いから明日学校を休みたい」

と言いました。

ママは「でももう治してもらったから痛くないでしょ?」

と聞くと、

「うん、でも明日は学校休みたいから」

と女の子。

 

ママは「じゃあ明日、先生に電話して、

脚が痛いから休むって言うね、、、。

でも大人に嘘をつくとなると、

悪いカルマがあなたに周ってくるから、

本当はそんなことしたくないんだけど?」

 

するとその子は、

「、、、悪いカルマって何?」

 

「悪いカルマっていうのは、

人に嘘をついたり、良くないことをすると

それが自分に戻ってくるから、

足が痛くないのに、「痛い」と嘘を言ったら、

本当に痛くなったりするかもしれないよ。

それでも大丈夫?」

 

「えー。じゃあ、明日学校行く」と女の子。

悪いカルマを作らずに済んだ様です!

 

道徳を守っていないと、

いずれ何処かで足下を救われるようなことが起きたり

何か不運が起こった時に助けてもらえなくなります。

その道徳の大切さを学ぶのも教えるのも

早い方が良い。できるだけ小さい時の方が良い。

 

大人になって、良い年になっても

嘘をついたり、人を陥れようとする人はいる訳で。

 

そのツケをいつか誰かが支払わなければ

いけないのですが、それは今後の自分なのか、

子供など家族なのか、生まれ替わった自分なのか

分からないけれど、悪いカルマは

作らないほうがいい。

 

仏教では、良いことをすると、

良いカルマが悪いカルマの前に

繰り上がって先に周ってくると言っています。

 

いずれにせよ、今起こっていることは

自分のカルマが具現化されている様なので

どんな状況でも、調子に乗ったりすることなく、

そこから学んだり成長して

少しでも良い人間になるのが

良いカルマを周らせる手っ取り早い方法。

そして自分も家族も幸せになるコツ!?

 

最後の時、誰に側にいて欲しい?

自分が息を引き取る時、

側にいて欲しい人は誰ですか?

お子さん?配偶者?友人?親?

 

誰にせよ、それは、きっと自分が

一番好きな人だと思います。

信頼できて、一緒にいると幸せで

安心できる人。

 

きっとどんなに離れていても

息を引き取るとまではいかなくても、

その人が大変な時期を送っていたら、

絶対に駆けつけたい人、もし自分が

その立場だったら、駆けつけて欲しいと思っている人。

 

人がこの世を去る時は、多分、

肉体的に、一番苦しい時。

身体がもう限界にきていて、

これ以上、肉体をキープできない状態に

なっているわけで、息をするのも辛くて

気力を保つのも大変な感じに

なっているかもしれません。

 

そんな一番人生で身体も心も辛い時に

自分の大切な人や、一緒に居て

安心できる人が側にいてくれたら、

どれほど心強いか?と思います。

 

どんなに痛みなどが激しくても、

心は穏やかになって

安心して目を閉じて、その時を

待つことができるんじゃないかと思います。

 

でも、どうでしょう?

自分が愛情を持っている人に対しては

その人が大変な時に駆けつけたいと

思っているかもしれないけれど、

でも相手が同じように思っているかどうかは

分からない?!

 

本当に心が通じ合っているのかどうか?

現実的な話、もしかしたら、

自分と同じような気持ちで

いてくれる相手は、世の中、そんなに

多くないと思います。

 

自分を頼ってきて、何かにつけてサポートしてきた人が

いたとして、きっと自分が大変な時は、

力になってくれるだろう?と思っていても、

実際の所、

自分のことばかりを気にしている人は、

どんなにこちらを頼ってきて、

それに応えてきたとしても、

所詮、自分のことしか考えていません。

 

自分が大切に思う様に、

相手も自分の事を想ってくれているとは限らない!

 

心の繋がりや信頼は、そう簡単に

築き上げられるものではありません。

相手が自分と同じように、または自分以上に

自分の事を想ってくれる人が、

もし周りにいるとしたら、

それはとてもとてもラッキーな事です。

 

お金や地位など表面的なものでは

決して得られない存在。

もしそんな希少な人が周りにいたら、

その人を普段から凄く大切にしてください!

 

リンクの動画は、59歳のMamaというチンパンジーが危篤になり、

食べ物も飲み物も拒んで、その時を待っているところ、

小さい時に面倒を見ていた博士が、

遠方から駆け付けた時のものだそうです。

再会を喜んで、与えられたものを少し食べた後、

また、ぐったりと身体を横たえて、数分で亡くなったそうです。

 

www.youtube.com

 

手っ取り早く幸せになる7箇条

他のサイトで見つけた受け売りですが。

でも実際、その通りなのでご紹介。

 

1.  人の噂話を聞かない

2. 人から自分について言われた事を気にしない。

3. 自分で自分の人生をデザインする

4. 全ての物事に対して良い面を見る

5. 感謝の気持ちを上手に表現出来るようにする

6. もっとたくさん笑う

7. 過去のことは、いつまでも考えない

 

、、、だそうです。

 

この最後の過去の事を後悔する事。

以前ブログで、「後悔は財産」みたいな事を

書いたのですが、それは、その後悔した事を

バネにして、より良い行動に変えていく、、、

という話。

 

普通に「後悔」するということは

仏教的にも悪行に入るそうです。

何故なら、考えたところで

物事は一向に改善されないのに、

自分の気持ちは凄く暗くなるから、、、

だそうです。

 

「後悔と貧乏はするもんじゃない!」と

昔、お金持ちのおばさまが言っていましたが、

貧乏になるかどうかは選べないにしても、

後悔しないようにする事は

誰にでもできる事。

 

1、2、については、自分以外の世界から

自分の幸福感を奪われる必要も、

不幸を植え付けられる必要もないので、

自分で自分の幸福感を決められるようになると、

人生って結構楽になります。

まあそれには、心が弱いと、

なかなか難しいかもしれませんが。

 

私の心の師匠は、60代なのに

顔にシワが一本もなくて、皆さん

40代だと勘違いするのですが

(普通の40代の人よりも若く見える)

若見えのコツは、「幸せでいること」

だと言っています。

 

他にも幸福感に満たされるためのコツは

たくさんありますが、また少しずつ

書いていきたいと思います( ^ω^ )

 

矢の如く。

色々人生には、抜け出るのが困難と思われる

辛い時期が必ずあります。

何度もあります。

どんなに理性で理解しようとしても

起きていることの理不尽さに

苦しくなったり、感情的になったりして、

この先、どうににもならないんじゃないか?と

途方に暮れるも、先のことなど、

考える暇も余裕なく、

立ち上がらなければならず。

 

理解をしてくれる人も

味方になってくれる人もおらず、一人

悲しみや苦しみを原動力にやっとの思いで

立っている、、、なんて状況に陥ることも

何度も経験するかもしれません。

 

「矢」というのは、後方にグゥーっと

溜めて、その力が強ければ強いほど

前方に遠く強く飛んでいきます。

 

困難で自分が前へ進めず、

むしろ身動きができずに後ろへと

引っ張られていると思う時、それは

間もなく新しい境地へ突入する準備に

入っているということかもしれません。

 

なので、迷うことも落ち込む必要もなく、

ただ、集中して、自分の向かう方向に

狙いを定めておくこと。

 

充分に力が溜まった時、

光の如く、凄いスピードで

目的のものを射抜けるはず。

 

f:id:sanmei-eiko:20191009215800p:plain

 

算命学で言うと、私のイメージで「矢」は「車騎星」。

攻撃の道具。

車騎星は自分が何かから剋(こく)されて

(ダメージを受けて)産まれる星。

剋される力が大きければ大きいほど、

それは強い攻撃力になる。

そして攻撃するのは他人や物事ではなく、

自分自身の目指す道だったり、目標。

自分がダメージを受けながらも、

そこから強い意志を持って、

前へ前へと開拓していく精神。

 

困難な事が起こるからこそ、

自分のまだ知らない境地へ、

前進できる、っていう事もあるのかもしれません。