自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

自分の宿命を好きになって!

色々な宿命の方がいます。

 

良い運勢、悪い運勢から始まり、

お金に縁のある人、ない人、

良いお仕事に縁がある人、ない人。

家族や配偶者との縁が良い人、悪い人、

人に助けてもらえる人、自分で努力しないと伸びない人、

この人はきっと容姿端麗、とか

この人は何やっても上手く行く!とか

一生病気しない、とか

繊細な人、図太い人、

全てにおいて相当苦労するだろうな~、、、とか。

 

本人が気にいる気に入らないに関わらず、

本当に色々な方がいて、色々な宿命があります。

 

宿命の良し悪しだけではなく、

自分の資質を思いきり伸ばせる環境にいた人、

家族環境でそれがかなわなかった人、

例えば、勉強が向いていたのに、働かざるを得なかった、とか

故郷を離れる宿命だったのに、母親や兄弟の面倒を見なければならなかったとか、、、。

 

どんな宿命でも、それを生かせる環境にいなければそもそも宿命通りに生きられない。

 

でも自然学を元にしている算命学では、

その人を、その宿命の人を、自然が必要としたからこの世に生を受けた・・・と考えるので、

 たとえどんな環境でも、その環境にその宿命を持って生まれたという事は

その環境に育ちながら、関わりながら、宿命通りに生きなさい、、、

という事なのでは?と、教わりました。

 

幼年期、勉強する宿命なのに、それが叶わなかった、

良い友達を沢山作る宿命だったのに、それが出来なかった、

父親と、母親と、良い関係を築いておかなければいけないのに

そんな時間を過ごせなかった・・・など。

 

軽く、宿命を逸している人もいれば、環境のせいで

大きく外れてしまった人もいます。

 

自分の宿命を知ると、

自分の本当にやりたかったこと、

心が求めていることが分ります。

 

気持ちよく生きている場合は良いけれど、

どうしても幸福感が感じられない、

自分らしく生きられていない、と

感じた場合、宿命から外れている場合が多い。

 

もし宿命から外れていて、その事に自分で気付いた場合、

どこかで直さないと、宿命を外れている限り、

自分の運勢が良くなって行かない・・・

どこかで修正しなければいけない・・・という事になります。

 

そんな軌道修正って、年を取るにつれ、大変になるけれど、

以前にココでも書きましたが、誰もが、その軌道修正の時期を

もし、そこまで生き長らえれば、

41歳から59歳までのどこかの10年間で迎えます。

 

でも40代以降と言ったら、子供もそこそこ大きくなっていて、

家とかも建てていたり、親の介護も始まっていたり、

また、独身の方は、今更家庭を持つのは面倒くさい・・・

なんて事になっているかもしれないし、

軌道修正って言ったって!?という感じになっている場合も。

 

そうすると自分の宿命が鬱陶しくなったり、

他の人の宿命が羨ましくなったり・・・

自分の宿命を知ってしまった事で逆に生き辛さを感じて

「知らなきゃよかった・・・」なんて事にも!?

 

でも大丈夫。そんな宿命通り生きられていない人にも、

ちゃんと宿命に近付ける方法があります!

 

長くなるので続きは次回に。