自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

天が味方してくれる日、そうでない日。

朝から気分良く目覚めて、やる気があって

好きな人から連絡が来て、楽しくおしゃべりして、

外へ出れば、信号はみんな青。

なんだか今日はみんな自分に優しくて

良い事ばかり起きて、なんていい日なんだ?!

 

という日もあれば、逆に、、、

 

朝から不愉快な連絡が来て、出掛ければ信号はみんな赤。

約束の時間に遅れ、皆に迷惑をかけ、

何もないところで転びそうになり、

駐車場に車を停めようとすると他の車に割り込まれ、

スーパーで買い物していると、カゴをぶつけられ、

カートの車輪に足を踏まれ・・・みたいな。

 

今日ってナニ?!と思う事もあると思います。

 

良い日、悪い日、感じ方は様々ですが、

何か思いもよらず上手く行く日とそうでない日、

顕著な時、すぐさま何の日なのかを見ます!

 

どんな干支(陰陽五行と十二支の組み合わせ)の日が周っているかによって、

「今日はどんな日?」というのを見る事ができます。

 

断捨離など、片づけに適した日。

あまり無理をしてはいけない日。

体調が悪くなりがちな日。

何かを始めると良い日。

色々物事がイッキにスムーズに進む日、

変な事が起こる日、などなど。

 

何か目的があれば、それに適した日を当てて行くと

物事がスムーズに運んだりします。

なので、引越しの日や納車の日など大きく動きのある時は

縁起担ぎとしても、日付を見るようにしています。

 

因みに、九星気学でもそうだけれど、何事も大きな買い物、

大きな契約、引越し、工事の着工などは、土用を避けた方が良いようです。

家電をこの時期買うと壊れやすい、なんて話もあるほど。

因みついでに、土用とは、立春立夏、立秋、立冬

直前約18日間の事を言うそうで(ここでもちょっと書きました)

直近の土用は8月7日の立秋までの18日間、7月19日から8月6日まで。

 

なぜ土用中が良くないのかは、諸説あるようですが、

ある神社の神主さんに聞いた話によると、

ちょうど季節の変わり目なので、地下のお水が動くそうです。

雪解け水が地下水として増えたり、木の芽時で木々が水を吸い上げたり、

そんな時期に土をいじると、事故が起こりやすい。

昔、お城や橋などを立てたりする土木工事で、

事故の多い時期がある事に気が付いて、そう言われるようになったとか。

 

土用はさておき、話を戻して

天が味方してくれる日、してくれない日。

 

面白い事に、、、 

良い事が起こる=良い運勢の日

悪い事が起こる=悪い運勢の日

とは限らない。

 

なんだか失敗ばかりなのに、運勢の良いはずの日があって。

例えば、通り慣れた道なのに、何故か変なところで曲がってしまい、

道に迷ってしまった。特に、それで事故を起こしたわけではないけど、

まるで狐につままれたよう!?

 

あるいは、前にすごーいすごーい遅い運転の人がいて、

5分で行けるところを10分かかる羽目になったとか。

 

そんな日は、悪い事、例えば、そのままいつもの道で、

いつもペースで行っていたら事故に巻き込まれていた・・・。

というように、何かが上手く行かない事で、悪い事を避けられた!

なんて事があります。

 

私はかなり気が短いので、車の運転などイライラしがちなのだけれど

「なんだ今日?!」って思うくらい、外的な要因で

イライラする事もあり、サッとその日を確認して

天が味方してくれるはずの日だった場合、

そういう日は、「あぁ、守られているのか・・・」と思って

感謝して気持ちを穏やかに過ごす気持ちになり、

 

逆の日だった場合は、「危うく事故になるところだった!

気持ちを落ち着けて安全運転しよう!」と注意します。

私の場合は、「どちらにせよ注意して運転しよう」なのですが。

暦を見ると、前者の守られている日の確率が高いです!笑

 

昔、小林正観さんという方の講演会に昔よく行っていたのですが、

懇親会の席で、

「感謝出来る事を100個くらいすぐに挙げられますか?

もし簡単に挙げられないとしたら、感謝が足りていません。

もし私が神様の友人で、あなたが子供が欲しいとか、お金がもっと欲しいとか、

不満ばかりで、今持っているものに感謝せずにお願いするのを見ていて、

神様がその願いを叶えようとしていたら、私は神様をとめます。

『待ってください。この人の願いを叶えなくても良いんじゃないですか?』

と言います」

、、、という様な事を言っていました。

 

天が味方してくれる日も、そんな感じじゃないかと思います。

自分の欲に駆られた人生を求めている人に、宿命から外れないように

守ってもられる日。

 

必要以上のものを与えられる日が良い日で、

願いが叶わないのが悪い日ではなく、

良くも悪くも、自分らしい良い人生が送られるように

守られる気が働いている日が、良い日な様に思えてしょうがない。