自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

小さい時に沢山泣いておこう

何度か似たような事を書いていますが。

基本編で習う、人体図に出て来る星の種類で

小さい時に沢山の苦労をした方が良い人、

沢山苦労しなくても良い人・・・というのがあります。

 

前者は小さい時に苦労しておかないと

変なただの我儘な大人になってしまう。

 

後者は、あまり厳しく育てられると、

性格がどんどん曲がってしまう、、、

というもの。

 

例えば、幼少期に、苦労しない方が良い子、

そして、沢山苦労して泣いた方が良い子、

という年の近い二人の兄弟がいたとして、

仮に、お兄さんが苦労しなくて良い子、

弟が苦労しなければいけない子、だったとします。

 

そして家が貧乏かどうかは分からないけれど、

まるでウォルト・ディズニーの様に、

(ディズニー家はお父さんが新聞配達屋さんで、

とてもケチだったので、人を雇わず、

子供に配達させたそうです。)

8歳の頃から新聞配達をさせられたとします。

 

雨の日も、雪の日も、風の日も、

小さい体で、荷台に乗った重い新聞に

ハンドルを取られながら

必死に自転車を漕いで、

雪の日は自転車ごと滑って転んで、

びっしょりな体を震わせながら学校へ行き、

学校が終わったら、夕刊のために

友達とも遊ばず、すぐにまたお腹を空かせながら配達。 

、、、みたいな。

 

実際、友人でも女の子で

そんな幼少期を送った子がいます。

女の子が小さい時に貧乏で苦労した場合、、、

話が逸れそうなので、この話はまた今度にして・・・。

 

さて、上の子は、苦労してはいけないので

そんな幼少期を送ると、人生が、人格が

曲がってしまいます。

 

逆に下の子は、苦労すればするほど、

涙を流して悔しい思いをすればするほど、

運勢が伸びます。

 

先日、メリーポピンズの本が

ディズニーによって大ヒット映画になるまでの、映画を見ました。

トム・ハンクスウォルト・ディズニー

役を演じていて、彼の幼少期の話が

語られるシーンがありました。

上に書いた新聞配達の話の通りだったのだけれど、

誕生日から調べたら、まさにそんな

苦労をして伸びる宿命。

 

元々の彼の宿命もあるけれど、

あの苦労があったこそ、大成功出来たのだと

算命学では考えます。

 

私の身近にもこの性質を持った、

超わがままなお子様がいるのですが、

わざわざ、生年月日を見なくても

「むむっ!この子、絶対にこの星を持ってるな!?」

と、鑑定士の直感とセンサーが働いて、

「これは厳しく行かないと、

この子の為にならないぞ?!」

と、気合が入ります。

 

こういうお子様は、かなり気が強く、

人の言う事を聞かず、頑固な場合が多く、

その代わりにすごく頑張り屋さんだったりします。

 

なので、上手にそんな根気強いところは伸ばして、

自分本位に騒いだり、動き回ったり

するときはそれなりの制裁

(強く言って制したり、完全に無視したり)

を加えながら、向き合います。

 

無視していると言っても、ただ激おこに

なって無視している訳ではなく、

人に注意されるのが大嫌いだったりするので、

本人が自分の奇行に気が付いて、

反省する時間を作っています。

様子を見ながらの無視。

目の端っこでちゃんと見ています!

 

こういうお子様は、しっかり根気強く

向き合わないと、自分のコントロール

出来ない子になってしまいます。

親が自分で厳しく見れない、

時間がなくて見ていられない、なんて人は

どこかの道場(空手でも剣道でも)

などにいれると良いそうです。

 

この苦労しないと、運勢が伸びないタイプの人。

宿命を消化するのに大変な星を、持っています。

相当な苦労をしたら、

偉業を成し遂げられるかもしれない宿命!?

 

その辺で好きな事して、プラプラ

しているには大きすぎる宿命。

 

自分の限界に常に挑戦しながら、

悔しい思いを沢山して、涙を流しながら

大きな目標を持って生きて行かないと

大人になってから道に迷い、

病気になってしまいます。

 

しかも、この苦労は、小さいうちに沢山しておかなければいけない。

なぜなら、何事においても、の話だけれど、

小さいうちならば、心の挫折が大きくても

修正しやすいし、まだ固定観念

定まる前なので頭も柔らかく、

現実を受け入れやすい。

 

辛くても、その中から学ぶ事を

沢山見いだせるかもしれなくて

そしてやりなおすチャンスもいっぱい。

 

でも、大人になってからとなると、

ちょっとした苦労も受け入れられなく

なっていて

あまり衝撃が強すぎると、心が

折れてしまうかもしれません。

 

責任感が強い星でもあるので、

自分を追い詰めてし合う事も。

 

私の先生の名言で

(多分こんな感じだったと思う)

小さい時に泣くのは財産になるけれど、

大きくなってから泣くのはただの失敗・・・。

 

実際、自分の宿命を消化できずに、

自分の資質を生かせずに生きていくのは

本当にモッタイナイことなので

この星をお持ちの方は、どんどん苦労して

どんどん泣いていただきたい。

 

、、、但し、小さいうちに。