自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

20年間の天中殺

算命学では20年間の天中殺というのがあります。

誰にでも一生に一度は周って来る

長ーい期間の天中殺です。

 

ただ、算命学では人生120年計算なので、

その20年が120年間のどこかに来るわけで、

 

子供の頃に来る人もいれば、

大人になってから、

年を取ってから、と千差万別。

100歳とか110歳以上で出てくる

人については、もうあまり関係のない話だよね?

という感じです。

 

この時期、普段10年ごとに周って来る

2年間の天中殺(天中殺に関する記事はこちら

が薄~く長〜く伸ばされた感じです。

2年間の天中殺がギュッと凝縮してくるとしたら、

薄く還元されて来るのが20年間の大運天中殺。

 

天中殺に入っている時にしない方が良い事って

沢山あるのだけれど、

20年間となると、しかも、

20代、30代にそれが回ってきた場合、

その間、結婚も就職もしない方が良い、、、

というわけにはいきません!

 

なので、その時の心得さえおさえていれば、

問題ないのですが、、、

 

天中殺中って、上手くいくとか、行かないとか

究極的にはそういうことではなく、

物事が思うように動かない時期なだけなので

 

何かを期待して動いた場合、

凄〜く失敗したり、予想以上に

もの凄く大成功したり!

ということがあるようです。

 

そしてこの時期に大成功してしまった場合、

何らかの犠牲が出てしまう事は避けられない事。

 

その犠牲は、誰に出るかというと、

自分自身だったり、家族だったり、

宿命から決まってきますが、

とても身近で親しい人の

場合もあるようです。

 

大活躍した芸能人やスポーツ選手。

この時期である事が結構あります。

誰とは言えませんが?

野球やゴルフの〇〇〇〇王子、

フィギュアスケートの彼女、

 

 天中殺は、どこかの占いの大○界と違って、

恐ろしい時期ではなく、

楽しい時期にもなりえるので

その過ごし方の心得さえおさえていれば、

怖がる必要はないので、むしろ楽しめるそうです!

 

凪状態だった人生に、大波が来るだけ?なので

波に乗って楽しむのも、ただ耐えてやり過ごすのも、

それなりに影響を受けないように準備するのも

良い感じで利用するのも、本人次第!

 

鑑定をすれば、どのような事に影響が出やすいか

分かるので、その辺りに気をつければ。

 

そして、普段から気持ちのアップダウンを

激しく持たない事。

 

小舟に乗った状態で、ちょっとした波に

普段から右往左往してしまっていると、

大波が来た時に対処できなくなるかもしれないので

どんな波が来ても良いように

心と環境を整えておけば、

運勢が乱高下する事は無いようです。

 

普段の生き方が大事なんだな〜と

つくづく思う、、、。