自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

ぶっ壊し屋さん

私の周りには、このぶっ壊し屋さんの

宿命の方が多いです。

なので、その生態が少し分かるので

書きたいと思います。

 

まず、ぶっ壊し屋の宿命というのを

持っている方がいます。

ぶっ壊し屋の名が付くくらいなので、

基本、壊すことが大好きです。

 

お子様なら、ブロックでお城か何か作った後、

バーン!と跡形もなく蹴散らして壊す、とか、

物を見ると解体・分解せずにはいられない、とか。

お皿やガラスなど、壊れそうなものを見ると

壊したくなる、とか。

 

兎に角、壊すことが大好きで、

何か作るのも、壊すためにやっている、

そして壊す時の快感を味わいたがっている、

と言っても過言ではない気がします。

 

壊すものは、物、建造物、自然物、

人間関係、その場の空気(雰囲気)など色々です。

 

ちょっと物騒な感じがしてしまいますが、

この宿命の方、結構います。

 

この「壊す」という行為は

決して悪いものではなく?

何か新しいものを創造する際に、

絶対的に必要になって来るもの。

なので、新陳代謝するために、とても大切。

 

古いものをぶっ壊す!

良くない体制をぶっ壊す!

必要とされていないものをぶっ壊す!!

 

もしお仕事で考えるなら、

そういった風通しの悪くなった部署や

採算が合わず、改善が見込まれない事業、

何か物事が滞っていてにっちもさっちも行かない、

みたいなところに、この方を投入すると

見事にぶっ壊してくれて、風通しを良くしてくれます。

 

職業別では、解体業や葬儀屋、

弁護士なら離婚弁護士

医者なら解剖医などになると

水を得た魚の様になるそうです。

 

壊される必要、新陳代謝が必要とされるところでは

非常にありがたい存在なのですが、

もし、平穏無事な場所に長居してしまうと

壊す必要のないところを

ぶっ壊していく可能性があります!

 

身近な人で、とても優しく温厚な方がいます。

誰が見ても「優しそうな人ね~」という感じなのですが、

この宿命を持っています。

でも、そんなに何かをぶっ壊している感じはしません。

 

ふむ。どういう事だろう?とジーっと見ていたら、、、。

ちゃんとぶっ壊していました。

その場の空気を。

 

みんなでほんわか和気あいあいしているところに

言わなくていい一言とか言ってしまうのです。

みんな談笑していたのに、「しーん!」

みたいな事になり、

その人の周りで喧嘩が始まる、、、。

 

算命学には「同種をもって良しとする」

考え方があります。

ぶっ壊し屋の宿命を持つ人は

ぶっ壊し屋さんと一緒に、

 

またはぶっ壊し屋さんが必要な環境に

いると、その宿命が生きてきたり、

お互い、壊す必要のないものを

壊し合ったりせずに済むようです。

 

もしこの宿命のお子さんがいたら

色々なものを壊す状況を

準備してあげて、思いっきり

色々壊してもらって、

そこから物の大切さを教えたり、

壊すことの必要性や芸術性などを教えたら

上手に自分の性質を使えるように

なるのでは?と思います。

 

f:id:sanmei-eiko:20170512102723g:plain