自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

地球の「気」ってなに?

空気だの元気だの、気が付く言葉ってたくさんあります。

気功とかレイキとか、気を扱う事が出来る人も沢山いて

パワースポットに行くと良い気が溢れているとか

逆に心霊スポットは邪気が沢山あるとか?!

もちろん見える人もいるのでしょうが、

基本、見えないものですよね。

なので算命学で「〇〇な気が周っている」と言われても

フツーの人は「は?」ってなると思います。

 

算命学は「気」の学問と言われていますが、

3~4千年前に中国で体系化されたそうです。

そして漢方で知られる東洋医学、元は算命学の一部だったそうです。

医学の研究だけで膨大な情報量になったので

算命学と分かれて東洋医学として体系付けられた、と言われています。

なので、東洋医学中医学を学ばれている方は

算命学でいうところの「気」を熟知されているようです。

 

「木火土金水(もくかどこんすい)」

 

算命学も東洋医学も、四柱推命九星気学も全てこの五行の気を見ます。

五つあるので五行。

 

万物の生命を育む水。

それによって生きる植物、木。

生命が生きるのに大切な太陽、木が燃えて火になり、

灰が土になって、植物が育つ土。

土の中には鉱物、金、が出来て

そこを通じてまた水が出来る。

 

図で見ると、こんな感じ?

f:id:sanmei-eiko:20170410210233j:plain

 

今年は「丁酉」という年ですが、

その気が地球全土に周っていると考えられています。

「丁」は火性の陰を意味して、いわゆる灯。電気。

色々な意味でのエネルギー(代替エネルギーなど)が

注目される年だと予想されています。

そして、もう一つ周っている「酉」は金性。

鉱物や金属、貴金属もみんな金性です。

灯の如く「光り輝く宝石」ということで、

今年、運勢アップを望む方は、

見かけも中身もきらきら輝かせるようにすると良いそうです!

そうすると今年の運気に乗れるそうですよ~。

 

そんなわけで、今年は火性と金性が周ってきています。

もともと火性の多い方、心臓や眼に注意が必要です。

そして金性の多い方は、肺臓に注意です。

もともと弱い方などは、異変があったら

すぐにお医者さんに行った方が良いかもしれません!

 

余談で、この「気」という字ですが、

先日ある方から面白い話を聞きました。

よく「氣」、中に〆ではなく米を使って

この字を書く方は皆さん、ご存知のお話だと思います。

 

日本が敗戦してGHQが来た時に、

日本人の「気」の高さにびっくりして

それは「氣」という文字が発している力だという事を

突き止めたそうです。

そこで、あまり気が高くならないように

「米」ではなく「〆」を使うように教育されるようになったそうです。

 

確かに、『気』より『氣』という字の方が見ていて

元氣がでませんか?氣のせいかな?

信じるか信じないかは、、、ってことで。

 

脱線してしまいましたが、もし今後、

算命学や中国占星術を学びたいと思っている方は

是非、この木火土金水(もくかどこんすい)を、

しかもこの順番で覚えておくととてもお勉強が楽になります♡