読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

動物的な本能ってアレだけど、人間の本能ってナニ?

本能と聞いて思い浮かぶのは何ですか?
普通は食欲・睡眠欲・性欲ですよね。
でもそれは動物的な本能の話。

算命学では人間として生きていくための本能を教わります。


毎日起きて、顔を洗って新聞やテレビを見ながら?ご飯食べて
支度して会社へ行って、同僚とお喋りしたり上司の悪口言ったり。


毎日のそんな、サルではできない人間らしい
行動の元になっている5つの本能が
誰にでも備わっています!

 

人間に備わっている5つの本能。

 

それぞれ名前がついていますが、固い話になってしまうので
大体な感じで言うと、、、


1. 自分を良く見せたい、魅力的だと思われたい
2. 自分や大切な人、物を守りたい
3. 自分の知っていることを伝えたい
4. 自分の世界(行動範囲?)を広げたい
5. 色々新しいこと、楽しいことを学びたい


の5つです。


これらの本能が原動力となって人間は行動するそうです。


ざっくり説明すれば、、、


顔を洗って髪を整えお化粧をする → よく思われたい
ご飯を食べる → 自分の体を守る
新聞を読む → 知識を増やす
仕事に行く → 世界を広げる
お喋りをする → 伝えたい


という様な感じ。

 

宿命から人体図を見ると、人によって
それぞれどの本能が強いのか
持っている星で分かります。


大人だったら、お仕事などで成功している場合
鑑定するまでもなく分かる事。


例えば、実力のある俳優や作家、芸術家は
伝える本能の星が必ず付いています。


学者さんや研究者の方は、知識を習得する本能の星を、
スポーツ選手は攻撃の(世界を広げる)星を持っています。

 

色々な本能が、星によって分かるわけですが、
その星がどこに付いているかにもよって
どの星が使いやすいか、使いにくいかも一目瞭然。
どんなシチュエーションでどう対応するのかも分かります。

 

例えば私。
知識を習得する場所に知識を習得する星を持っています。
だから多分、テレビもナショジオとか教育系の番組が好き。

 

あと分かりやすい例でいうと、
先日、参加した「好きを仕事にする」の
かさこ塾のかさこさん。


攻撃の場所に「伝える」星が付いています。
だから、攻撃方法は言葉。
ブログを見るとバカだのウンコだの
気持ちよく書いていて、読んでいるこちらも清々します!

 

使いやすいところにある星は上手に使って、
使いにくい場所にある星については、、、


逆にどんなシチュエーションでどの本能を出すと
自分らしさが出るのか分かれば(かさこさんみたいに)
自分らしさ満載で輝けるのでは?と思います!

 

ちなみに本能自体は全ての人に備わっていますが
その星が人体図にない場合があります。
そうかと思えば、同じ星ばかり幾つも、、、、。


後者の場合はまた違った見方になるのだけど
人体図にその星がない場合、その本能は使えません。

 

例えば私、「人に良く思われたい」という星がありません。


でも一応、身だしなみとか最低限気にしていますが!笑
それを自分らしさを出すために意識的に使えない、ということです。


使えないのに、使おうとすると不自然になる・・・。
この勉強を始めて、なぜ自分の意図しないところで
勘違いされるのか良く分かるようになりました。


本人の気付かないところで、不自然な行動を取っていた訳です。


「生きにくさ」を感じている時、
かなりの確率で自分らしさを出せていない
(自分の得意な本能の星を使っていない)可能性があります。

 

算命学は「気」の学問。
知って気付けば、それだけで現象が変わってきます!

 

自分を知って、自分らしく気持ちよく生きたい♪