読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

怒りっぽい人

怒りっぽい人の宿命と言うのがあります。

 

沸点が100度ではなく、

50度どころか、人によっては20度位の方も。

 すぐにカーン!となってしまいます。

 

怒り方も2タイプあって

素直に怒りを表せる方、

拗ねてプーンとなっちゃう方
(無視する方はこのタイプ)

というのも分かります!

 

そんな方々に「怒りっぽいですか?」

と聞くと、大人の方だったら

「今はそうでもないです」

と答える人が半数以上います。

 

多分、怒りっぽい事でストレスになり

上手に受け流す方法を身につけたのだと

思われます。

 

そんな風に自覚があって

対処法を持っている方は

問題ないのですが、フツーに怒りっぽい方は

注意が必要です。

 

また、怒りっぽい人の中に、

怒ると顔に出てしまう人、

見かけは怒っている風に見えない人

という2種類の方がいます。

 

怒っているのが顔に出てしまう人と
怒っている風に見えない人。


顔に出てしまう人は、対人関係で

問題が起きやすいかもしれませんが、

顔に出ない人は、ストレスを

抱え易くなります。

 

なのでどちらもそれぞれ

あまり利点がないのですが、

気をつけて頂きたいことは、

この特徴をお持ちの方、

精神的ストレスが多いと

長生きする事が難しい、

と言われています。

 

ではどうしたらストレスを

上手に解消できるのかというと!?

 

感謝する習慣を付ければ良いそうです。

何があっても感謝。

 

足を踏まれても「ありがとう」

事故に遭っても「ありがとう」

お金を盗まれても「ありがとう」

人に裏切られても「ありがとう」

親が死んでも「ありがとう」

、、、だそうです。

 

感謝感謝で生きる事が出来ると

長生き出来るらしい!

 

長生きしたいかどうかは別として、

ストレスが少ない方が

良い人生を送れると思うので、

怒りっぽい方は是非に

意識してみたら良いのでは!?

 

でも何でも即座に「感謝!」と

思える様になるには、

脳にそんな思考回路を習慣付けないとなので

かなりの鍛練が必要になると思います。

 

でも結果、、、私の周りの人を

見て思う事。

世の中の怒りっぽい方って

実は意外と、感謝の達人が

多いのでは!?

 

小林正観さんが著書で、

 

「どんなに正しくても、怒った時点で

その人は100%間違っている」

 

とか

 

「怒るやつはバカだ」

 

(これは斎藤一人さんだったかな?)

 

と言っていましたが、

「怒る」という事は何か自分の存在意義に

危機感を感じて、それに反応しているのであって

 

それは感受性が強いから成せる技なので

音楽、絵画、ダンスなど芸術的なもので発散したり

頭を使って対処法を考えたりするなどの

発散の仕方があるかと思います。

 

ピアノで激しい曲をガンガン弾いたり、

キャンバスに絵の具をぐわーっと乗せたり

思考を膨らませてあり得ない理論を導き出したり!?

 

怒っている暇があったら、

身体や感性や思考をフルに動かして

発散させながら、

心のバランスの支点を見つけていけば

きっと楽になると思います。

 

そんな風に、自分の扱いにくい感情も

何か能力として生かせるようにすれば

運勢も良い方へ伸ばす事が出来るのでは?

と思います♫