読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方向けに、私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています。最後の1日まで自分らしく精いっぱい楽しく生きたい方、是非読者になってください♡

私が算命学を始めた本当の理由 〜 その5

大手のフランスの証券会社と、イギリス資本の個人向け投資会社、

ちょうど立ち上げだったこともあり、色々見えて勉強になるかと、小さい会社の方を選んでしまいました。

 

そして働き始めてすぐ、合法な会社ではない事に気付きました。

イギリス資本などではなく香港ベースの投資会社で、去年騒がれていたオフショア、タックスヘイブンで資産保全のためのペーパーカンパニーを作ろう!っていう会社でした。

お給料も、ボーナスも全部キャッシュ。
怪し過ぎですが、すぐに決心ができず、半年ほど勤めました。

 

再び就職活動をして、忘れもしない、節分ぎりぎり前の時期に、

大きな外資の銀行から、とてもいいオファーが来たのですが、

ちょっと金融に懲りたので、美術系のやりたい事を探そうと、欲を出して見送ってしまったのが運の尽き。


その年の節分を過ぎたら、まったく仕事が見つからなくなってしまいました。

ほぼ3ヶ月くらいプラプラして、取り敢えず知人の紹介で就職。

 

それが最低な職場で、毎日、上司同士が怒鳴り合いの喧嘩。

学歴コンプレックスでもある上司たちから、陰湿な嫌がらせを受けて

それでも、紹介してくれた人の顔に泥を塗る訳にもいかず、

3年くらいはしょうがない、、、と結果を出せるよう明るく頑張っていました。

そしたらいつの間にか鬱病になり、処方された薬が合わずに毎日吐いて

危うく中央線に気持ちよく吸い込まされそうに。

あの電車がホームにはいって来る時の「ファーン!」って警告音が

凄く気持ちよく、何かの合図に聞こえて。

本当に疲れて「楽になりたい」と思って自殺を試みる人の心理がわかった瞬間、、、。

自殺を試みるも何も「あぁ、楽になれる」って衝動的に動いちゃうだけなんですよね、多分。

 

半年くらいそんな状態でしたが、

よくお世話になっていた地元の接骨医の先生から「治してあげるからおいで」

と連絡が来て、診てもらいました。

そしたらなぜか一発で頭がスッキリして治ってしまい、薬も病院も必要なくなりました。

 

正気に戻ったら、勤めていた会社の上司のあまりの下らなさに辞める決心がつきました。

既に3年以上経っていたので、自分の事を認めて貰おうと頑張るよりも、ケツまくって逃げる事も大切かと。

 

そこを辞めてからは疲れのあまり、正社員はできないと判断、派遣社員として就職。

派遣先はとても良い職場環境でしたが、「次の更新で!」と

正社員採用を匂わされながら、更新の時期が来ると「なかなかそうも行かなくて、、、」と。

低いお給料で2年以上、飼い殺し状態でした。

 

派遣て、時給1,600円とかでも、手取りで年収は220万くらい。

そんなお給料で東京に一人暮らしなんて絶対無理なんです。

お洋服も買えず、外食もお蕎麦屋さんばかり。結婚しないとやっていけない、と思いました。

派遣時代、唯一良かったことは今のダーリンに知り合ったことかも?

 

彼と付き合いだした頃、大学時代の親友の紹介で、

やっとまともな会社(アメリカ法事務弁護士事務所)に勤めることができました。

3年の交際の後、彼とも結婚する事になり、

ちょうどその頃お仕事も、上司の引き立てでアメリカの大手の銀行の役員秘書に。

素晴らしい環境とお給料の職場に変わり、理想の人生になったと思っていました。

 

いいお仕事に就けて、結婚もできて、漸く子どもができる!

、、、、と思っていたものの、1年、2年、3年たっても

一向に子が出来ない。

 

夫婦ともにどこも問題ないのに、、、。

 

、、、続く。