自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

エネルギーの差による好き嫌い

週2回のバレエ教室で、たまたま近くに陣取っているだけなのに、そこに立っているだけで凄く気になってイライラしてしまう人と、ぶつかりそうなくらい近くても、むしろぶつかったとしても全然気にならない人がいます。

なんだこの無作為な好き嫌いは?と思っていましたが、、、

私の算命学的主観によると、エネルギーの違いでした。

十二大従星という、12個の天◯星というのがあるのですが、どの星を持っているかで、最身弱、身弱、身中、身強、最身強という5つのカテゴリーに区分されます。
ここで強い方がいいとか、弱いからダメとかいう、強弱の優劣はありません。

どのカテゴリーの人も、お隣同志はエネルギーの差が少ないのでそんなに違和感ないのですが、2つ以上お隣になるとその差が大きくなるので、どちらかがどちらかに合わせることになって、片方が疲れます。
精神的にという訳ではなく、実際は運勢的に片方が疲弊してしまうそうです。

基本、誰とでも(最初だけは?)合わせ上手な自分ですが、エネルギーの真逆な人と長時間隣り合わせとかなると、もう無理なので席を移動するくらいです。

私は最身強なので、お隣さんが身強しかいません。許容範囲が狭そうです。

ただ、週2回の2時間くらい、エネルギーの合わない人といても、運勢がどうこうなる話ではありません。でも夫婦とかだったら注意が必要な様です。

最近の私の友人は身強と最身強がやたら多いです。しかも天将星持ちのだったり。だから楽だし楽しいのかな〜♡