自分らしい生き方を知る 算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

算命学四方山話

大成功したらどうする?

ダライラマの人生の法則の訳を書きましたが、そこであったように、 何かを大きく達成して大成功しまうと、別の何かを失う可能性が出てきます。 算命学や他の東洋占星術では、五行から五徳というものを見て どの徳が上がると、どの徳が下がるのかが分かります…

残心

算命学は生き方の哲学なので、勉強をしていると どう生きる事が望ましいのか? ということを意識していきます。 まだ肉体を持たない霊の状態から、生まれて肉体を持ち、 死んでまた例の状態に戻っていく過程を 十二大従星という12の段階で分けています。 …

ポジティブな算命学 ~ その2

書きたいところまで到達せずに終わってしまったので続いて書きたいと思います。 さて、算命学は人の運勢や生死を扱う学問なため、 鑑定士を目指すとなると、強い精神力がないと耐えられない、という話。 一緒に勉強している友人と、勉強していくと 気分が明…

ポジティブな算命学

算命学を勉強していると、 アレをしてはいけない、コレをしてはいけない、、、 しても良いのだけれど誰か何かに禍が出る、、、 誰か死んだり病気になったり、運勢が落ち込んだり、、、 なんていうのがとても多い。 そして運勢的にも、世界的に何かを成し遂げ…

一番幸せに感じるのはどんな時?

昨日友人に誘われてご飯を食べながら、近況報告やら今後の方向性? などについて話しました。 そこで「何をしている時が一番幸せ?」と聞かれて 咄嗟に答えられず、「イチバン幸せ」って何だっけ?と思ってしまった。 一応、ここ数年は算命学バカになってい…

ブーメランの法則

算命学を勉強していると、自分の思考や行動がどのくらい 自分の未来の運勢や、家族の運勢に影響を及ぼすのか? 反対に、家族の思考や行動がどのくら自分や他の家族の未来を左右してしまうのか? という事が分かってきます。 櫻庭露樹さんという、全国で講演…

算命学って禅!?

禅画でただの「〇」が描かれた水墨画を見たことがあるかと思います。 何か宇宙的なものを想像したり、調和など「環」として 感じ取ったりと、見る人の感性によって受け取り方は 様々かもしれないけれど、「十牛図」の一つとして知られています。 童子がある…

自分の宿命を好きになって 〜 その2

前回の続きです。 自分の宿命を調べたら、現状とは違っていた。 でも今更修正することは状況的に叶わない、、、という時。 親と暮らしてはいけないのに、二世帯住宅を既に立ててしまった。 離婚をしたら〇〇だったのに、既に離婚してしまった。 子供と縁を深…

自分の宿命を好きになって!

色々な宿命の方がいます。 良い運勢、悪い運勢から始まり、 お金に縁のある人、ない人、 良いお仕事に縁がある人、ない人。 家族や配偶者との縁が良い人、悪い人、 人に助けてもらえる人、自分で努力しないと伸びない人、 この人はきっと容姿端麗、とか この…

自分の宿命を知ったら、、、どうする?

算命学の勉強を始めたばかりの頃、 覚えるものが沢山あって大変なのだけれど、 色々な例を見ながら物事の裏側で何が起きているのかを 垣間見れることが出来るので凄く面白い。 鑑定例題などで、その時の話題の芸能人などを取り上げて その人の宿命、運勢、育…

男性と女性とでは気の流れが違う

男性と女性って気の流れが異なるそうです。 どう違うのかというと、、、。 基本、陰陽の話なのですが、 自然界を見るとき、天が陽、地が陰。 太陽が陽で月が陰。 海が陽だったら川は陰、などなど。 そして、男性は陽、女性は陰。 男性の気は外へ向かって出て…

十指に長短あり

「十指有長短」(じゅっし ちょうたんあり) 先日、父から教えてもらった言葉。 人の指には長い指、短い指があるけれど、 一本ではあまり何もできない。 でも、他の指と組み合わせると色々な事が出来る。 しいては、一人ではできない事でも、 別の特徴を持っ…

本当に大切なもの

誰でも知っている『星の王子さま』の冒頭。 「慰められることをとても必要としている ・・・かつて子供だったその大人に捧げたい」 大人になってから何気なくこの本を 読み直そうと手に取った時、この本は 傷ついた子供心を持った人を 慰める内容だったんだ…

生まれた時間て重要?

西洋占星術や四柱推命では 生まれた時間が大切になって来るようです。 その時間の星の位置だったり、 陰陽五行の差だったりが 重要だったりするらしいので。 でも、算命学では、宿命を見るときに 生まれた時間は気にしません。 それにはちゃんとした理由と理…

算命学の奥深さ

算命学十六元法というのがあります。 一から十六までの占う技法があるという事ですが、 どんなものがあるのか、ざっくりご紹介。 一元法 これは自然哲学で陰陽五行や十二支、暦など。 まだ占いの域ではなく、自然界の分析。 二元法は、生年月日から暦を使っ…

お金、健康、仕事と家庭の幸せ。どれを取る?

算命学では人間には五つの徳があると教わります。 福(幸福) 寿(健康) 禄(財産) 官(仕事・名誉) 印(頭脳) そして生きていくには誰もが 全てを持っているけれど 人によってその割合が違う。 宿命でこの五徳をバランス良く 持っている人は少なく、 大…

雌鶏が時を告げる家は滅びると言うけれど?

算命学とは関係ないのですが、 これ、よく小さい頃から聞かされていた話です。 身近な家庭を例に、あそこの家は母親が いつも口を出しているから、、、と。 見ていると、確かに奥さんが元気の良過ぎるお家は、 旦那さんがパッとせず、委縮している感じで、 …

本物と偽物の見分け方

多分、中学生の頃、父から教えてもらった話。 「本物と偽物の金貨の見分け方っていうのがあるんだぞ。 どうやって見分けるか教えてあげようか?」 なんだそれ?金貨なんか見分ける機会なかなか無いと思うけど、 カッコイイ!本物と偽物の見分け方!知りたい…

同種をもって良しとする

「同種をもって良しとする」 これ、何かと言うと、算命学でいう運勢の話。 まあ、そんな話しかここではしていませんが。 例えば、、、 結婚運の悪い人、というのがあって 結婚運が悪いので、普通の人と結婚すると 結婚運が悪くなります。 でも結婚運の悪い人…

ラッキーカラー

一応、算命学にもあります。ラッキーカラー。 算命学にとって、ラッキーって 「守護神」的な意味合いが強いので、 何がその人にとって守護神になるかで 色が決まってきます。 守護神は何で見るかと言うと 十干という、甲乙丙丁・・・というもの。 九星気学で…

算命学は占いじゃなーい!

どう生きたら良いのか? どう生きたら生きやすいのか? それを教えてくれるのが算命学。 小さい時、親や先生から教わる事。 「人には親切に」 「約束は守る」 「嘘はつかない」 「盗みを働かない」 などなど当たり前、と思う事。 もしそれが出来ないと、破ら…

鑑定士が鑑定してもらいました!

ちょっと?気になる事があり、でも 自分の事となると感情が先走って 全く?でもないけれど、結構見落とすので 長野のすんばらしい鑑定士さんに見てもらいました! そしたら!すごいっ! 「こう見るのか~。うわぁー、本当だ~!ぎょえーっ!」 と感激の嵐で…

生まれた日の干支で分かる事

年、月、日の干支の組み合わせで運勢を見る 算命学ですが、日の干支(左側の上下の干支) だけで分かる事があります。 全部で60個ある干支ですが、 例えば、六秀日と言って、 ルックスも良く、家族にも恵まれ、仕事も順調。 お金も十分あって、幸せ。頭も良…

宿命から外れるとどうなる!? 〜 その2

ここからの続きです。 なぜ問題が起きたら、「ついている」のか、、、。 実は、「楽しい時」、、、 (どちらかというと刹那的な楽しさ?) 夢中になって、気付かないうちに 限度を越え始めます。 その時がまさに算命学でいうところの、 「自分の宿命から外れ…

宿命から外れるとどうなる?! 〜 その1

算命学に「光影(こうえい)現象」 という考え方があります。 これがちょっとステキなので ご紹介したいと思います。 算命学では、人間は生まれた時に、 地球という自然の中での役割、つまり、 「宿命」を与えられ、 それは自然から授けられたもので、 自然…

算命学で見る男女の相性

男女の相性についてですが、 色々な見方があります。 陰占といって、生まれた日の 干支の組み合わせ。 共通点があるかどうか、 お互いの運勢が良くなる相性かどうか。 宇宙盤というのを見て、 行動範囲が重なっているかどうか、等。 また、陽占という人体図…

運勢を落とさないために。

算命学では平常心を保つことが 大事と教えています。 その時の状況や周りの環境で で気分が上下する人がいます。 例えば、、、 今日は雨だから気分が乗らない。 とても天気が良いから楽しい! 今日は朝から嫌なことがあったから不機嫌、 良い事があったから…

人だけじゃない、会社や国の事まで分かっちゃう算命学

私の先生のお話によると、プロ中のプロは 人の鑑定などせず、ビジネスとして 算命学を使っているそうです。 企業の運勢も、設立日を会社の誕生日として、 設立者や現職の社長の宿命や運勢を見て 「この会社は伸びる!」というところに 投資するそうです。 社…

算命学を学ぶとき必ず覚えなければならない事

多分、必ず覚えないといけないことだと思います。 これを覚えないと、性格も、運勢も 読み解くことができません。 それは、、、ここでも少し書きましたが、 陰陽五行! 陰陽はまだしも、五行は必須です♡ 木(もく) 火(か) 土(ど) 金(こん) 水(すい)…

幸せは何で測る?

算命学で幸福度を鑑定するとき、 五徳というものから「福」がどんな状態かを みます。 五徳というのは、 福(幸福度) 寿(健康) 禄(財運) 官(名誉) 印(知恵) の5つです。 そしてその福は何かというと、 お金でもなく、仕事の成功や健康運でもなく …