自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方、自分の運勢や資質を知って活かしたい、という方向けに私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています♡

勘違いしやすい人

タイトル付けるのが難しいのですが、

算命学では、宿命を見ると

勘違い起きやすい人かどうかが分かります。

 

普段そうでない人でも、

勘違いが起きやすい年が

誰にでも周って来ます。

 

勘違いってどういう?

 

それはお金の儲け話だったり、

仕事関係だったり

男女関係だったり、色々です。

 

どんな風に勘違いするかというと、、、

 

分かりやすい例として

大ファンの芸能人の方と

偶然、お友達になれて食事に行くことになって

「わぁ!幸せ♡」と楽しんでいて、

よくよくじーっと見たら、ただのそっくりさんで

全然別の人だった、とか。

 

不思議な国のアリスの中の話だけど、

虐待されている赤ちゃんがいて、

お母さんがお皿を投げてきて

赤ちゃんが顔に怪我をしたので、

可哀想に思ったアリスが連れて逃げたのだけど、

よくよく見たら、人間の赤ちゃんじゃなくて

子ブタだったのでビックリ。

 

例が悪すぎて申し訳ないですが、

そんな感じで、「わあ!良い事が起きている♡」

「良いことをした♡」と思っていたのに

失望する結果に終わるという、、、。

 

現実的な話でいうと、

良い話だと思ったり、凄く良い人だと思ったら

ただの詐欺だったり。

詐欺じゃなくても、途中で話が頓挫して

あの投資話はいったいどこへ行った?

みたいな事になりやすい。

一見、良いことが起こっていると

勘違いしやすくなるらしいです。

 

もともと宿命内にその傾向が強い人がいれば

そうでない人もいます。

でも、そうでなくてもそういう時期が

周ってきます。

そういう時期は、普段の様にはいかず

判断が鈍ってしまうらしいです。

 

そして現象として出やすいのが、

お金のトラブル、仕事、または男女間のトラブル。

「やっと運が周って来たぞ!」とか

「運命の人に出会えた!」と

思ってしまうらしいです。

 

でもそんな時期が何時なのか分かっていれば

注意できますよね。

 

そしておいしい話が来ても

「これは間違いなく良い話だ!」

「今度こそ、この人で間違いない!」

とか思わず、

 

「私、判断力が今鈍ってるからな~、、、」

という事で色々な人に相談したりできます。

 

そういえば、ちょっと前に話題になった

「スタップ細胞あります!」の小保方さんも

そんな宿命でした。

 

でもその反対もあるわけで、

いつもウチに来る嫌な親戚のおじさんが

その時だけ、白馬の王子様になるみたいな。

 

普段、嫌だと思っていたことが、時期によって

その現象が現れなくなったりするのです。

 

どんな局面を迎えようとも

欲の塊にならない事が大事。

 

一見誰が見ても良い事が起きて、

そこでもし自分の実力と勘違いして

更に欲をかいてしまうと、大変なことになるわけです。

 

逆に何が起きても、平常心、

謙虚な心と感謝を忘れなければ

穏やかな現実が待っていて、大過なく過ごせるそうです♡

 

 

 

幸せになるということ

「幸せになる」とか「成功する」とか

誰でも望んでいる事ですよね。
なかなか、毎日めざしを食べて
「あぁ、幸せだ。自分は成功者だ」って思う人、

いないことは無いと思うけど、

少ないと思います。

 

私だってそう。良い車に乗りたいし、
素敵な家に住みたいし、旅行にも沢山行きたいし、
良いホテルに泊まりたいし、
おいしいもの食べたいし、贅沢したいし、、、などなど。
お金がもっとあればもっとしたいこと出来るのに。
っていう人がほとんどだと思います。

それが悪いかどうかは分からないけれど、

算命学では

 

「誰かの成功は誰かの失敗の上に成り立っている」

 

と言います。


シーソーが水平である様にバランスが保たれているのが自然。
どちらかが上がれば、必然的にどちらかが下がる。
どちらかが下がれば、どちらかが絶対上がる。

受験を例にして説明してもらった事があります、

ある学校に受かる人がいれば必ず落ちる人がいる。


自分が最後の一人として受かったとして、
自分がいなければ、代わりに受かれた人がいる。
落ちた人が誰なのか分からないから気にならないけれど、
自分が受かったおかげで落ちた誰かが身近な人だったら
手放しで喜べないでしょう?って。

でも、世の中、全てそのバランスが

保たれているそうです。

総数は決まっているので、誰かが独占すれば、

手に入らない人が出てくる。

算命学を勉強し始めて、

「幸せって、成功ってなに?」
「しない方が良いんじゃないの?」

って思う事例を多々、目にしてきました。

 

誰かの成功は誰かの失敗の上に成り立っている。

誰かの幸せは誰かの不幸の上に成り立っている。


急速に成功した人の周りを見てみてください。

身近な人に運勢的に犠牲になっている人がいるかもしれません。

 

算命学の先生が言っていましたが、

ある時、すごい先生に、

「本当に良い宿命って何ですか?」

と聞いたら、

「特別良くも悪くもなく、フツーな宿命じゃないですか?」

と答えたそうです。

 

もし幸運に恵まれたら、自分の力だなんて思わず

感謝して、それを必要な人とシェアする。

そんな生き方をしていれば、たとえ大成功しても

大禍なく過ごせて、子孫に徳を残せるのだそうです。

 

 

 

永遠にさようなら!

算命学では、

「この時こそ、嫌なものとおさらば出来る!」

っていう時期があります。

 

タバコを止めようと思っている人が

割とすんなりやめられる時期。

それまで暴飲暴食していた人が、

そんな悪習慣をやめられる時期。

 

嫌だと思っていたもの、

不必要だと思っていたものを

スッパリキッパリ捨てられる時期。

 

そして実際、その不必要なものと

お別れすると、

その後、凄く良いものが

入って来るという事が

確約されているそうです!

 

そんな時期に断捨離すれば、

運勢アップ間違いなし!

 

でもこの時期、間違えて使ってしまうと

とんでもないことになってしまいます。

 

そのとんでもなさ具合は、

天中殺よりたちが悪いです。

なので、お勉強も上級にならないと

教えてもらえない事。

気軽に話せることではないので

ここではお伝えできませんが、、、。

 

意外と不必要なものってたくさんあります。

執着心、憎悪、恐怖、怠惰であることや

思い込み、不信感が強い事など色々な想念、偏った観念。

制約されている人間関係や、社会での役割。

そういった自分を窮屈にしているものを

この時期にパッと放せば、

きっと爽やかで清らかで楽しい人生が

押し寄せて来るに違いありません!

 

断捨離はものだけでなく、

それを所有したときの念やら何やら

自分でも気付かないうちに集めてしまった

訳の分からないものも、そのモノと一緒に

一掃できるみたいです。

 

私も20代の頃からの愛読書。

「ガラクタを捨てれば自分が見えてくる」

by カレン キングストン

バリかどこかで生活していたイギリス人が

風水を元に書いたお片付け本ですが、

これを読むと、お片付けがはかどります!

 

私の友人の櫻庭露樹さん(初めて思ったけど、

関係ないけど、めちゃめちゃ画数多いね)

アマゾンの電子本で新刊1位取ったそうです!

その名も『全捨離のすすめ

彼の「全捨離」講座を企画したことがあって

8割捨てなきゃいけない、というか

捨てずにはいられなくなるのですが、

参加者全員、ゴミ袋30袋以上、トラック一台分とか

皆さん、激しく捨てていました!笑

そうしたら、引き出しも戸棚もスッキリ!スカスカ!

散らからないし、生活がシンプルに♪

彼の話は面白いので、未経験の方、

電子本を買うなり、講演会など

是非参加してみてください♡

 

1~2年単位、10~20年単位で

周ってくる断捨離の運気。

月では5年にひと月、

日では2か月に1日、周ってきます。

 

長いようで短い人生。

身の回りの物や人間関係も

中途半端なものや、嫌なものに

費やすには時間がもったいなさ過ぎる。

 

嫌な友人やネガティブなものとは

早めに、永遠にさようなら!

して行くつもりです。

 

どんな時期が悪い習慣とのお別れに

適しているかは、

鑑定やお勉強会でお伝え出来ると思います♪

 

毎日が大切な一日。

良いものは取り込んで、悪いものは処分して

今日も氣の流れ良く過ごしてください♡

 

地球の「気」ってなに?

空気だの元気だの、気が付く言葉ってたくさんあります。

気功とかレイキとか、気を扱う事が出来る人も沢山いて

パワースポットに行くと良い気が溢れているとか

逆に心霊スポットは邪気が沢山あるとか?!

もちろん見える人もいるのでしょうが、

基本、見えないものですよね。

なので算命学で「〇〇な気が周っている」と言われても

フツーの人は「は?」ってなると思います。

 

算命学は「気」の学問と言われていますが、

3~4千年前に中国で体系化されたそうです。

そして漢方で知られる東洋医学、元は算命学の一部だったそうです。

医学の研究だけで膨大な情報量になったので

算命学と分かれて東洋医学として体系付けられた、と言われています。

なので、東洋医学中医学を学ばれている方は

算命学でいうところの「気」を熟知されているようです。

 

「木火土金水(もくかどこんすい)」

 

算命学も東洋医学も、四柱推命九星気学も全てこの五行の気を見ます。

五つあるので五行。

 

万物の生命を育む水。

それによって生きる植物、木。

生命が生きるのに大切な太陽、木が燃えて火になり、

灰が土になって、植物が育つ土。

土の中には鉱物、金、が出来て

そこを通じてまた水が出来る。

 

図で見ると、こんな感じ?

f:id:sanmei-eiko:20170410210233j:plain

 

今年は「丁酉」という年ですが、

その気が地球全土に周っていると考えられています。

「丁」は火性の陰を意味して、いわゆる灯。電気。

色々な意味でのエネルギー(代替エネルギーなど)が

注目される年だと予想されています。

そして、もう一つ周っている「酉」は金性。

鉱物や金属、貴金属もみんな金性です。

灯の如く「光り輝く宝石」ということで、

今年、運勢アップを望む方は、

見かけも中身もきらきら輝かせるようにすると良いそうです!

そうすると今年の運気に乗れるそうですよ~。

 

そんなわけで、今年は火性と金性が周ってきています。

もともと火性の多い方、心臓や眼に注意が必要です。

そして金性の多い方は、肺臓に注意です。

もともと弱い方などは、異変があったら

すぐにお医者さんに行った方が良いかもしれません!

 

余談で、この「気」という字ですが、

先日ある方から面白い話を聞きました。

よく「氣」、中に〆ではなく米を使って

この字を書く方は皆さん、ご存知のお話だと思います。

 

日本が敗戦してGHQが来た時に、

日本人の「気」の高さにびっくりして

それは「氣」という文字が発している力だという事を

突き止めたそうです。

そこで、あまり気が高くならないように

「米」ではなく「〆」を使うように教育されるようになったそうです。

 

確かに、『気』より『氣』という字の方が見ていて

元氣がでませんか?氣のせいかな?

信じるか信じないかは、、、ってことで。

 

脱線してしまいましたが、もし今後、

算命学や中国占星術を学びたいと思っている方は

是非、この木火土金水(もくかどこんすい)を、

しかもこの順番で覚えておくととてもお勉強が楽になります♡

 

 

 

 

 

今日は良い日?

「今日は良い日?」って

禅的な「日々是好日」的な話ではないです。

実際にラッキーな日かどうか!

 

日によって、道路の信号が全部青で

なんか良い情報が沢山入って来て

良い出会いがあって

嬉しいことがあって、、、

道を間違えたのに、逆に早く着けたり。

などなど、「なんか今日は良い日だな〜」

っていう時ないですか?

 

そして逆の日も!

今日は何やってもダメ。

人と衝突してばかり。

みたいに、なんとなく強い向かい風が吹き荒れている時も、ありますよね。

 

そんな日、というか、

「今日は何かあるぞ!?」と思った時、

私は必ず暦を見ます!

そして良い日なのか、悪い日なのかを確認します。

 

以前、こちらで「守護神と忌神」について書きましたが、日によって守護神周りの日、と忌神周りの日、というのがあるのです。

 

守護神と聞くと良い日かな?

忌神周りだったら悪い日かな?

と考えてしまいがちですが、

何か起こっている時というのは

何が起こっているかまだ分からないものなのです。

 

どういうことかというと、

一見、待っていた情報が入って来たり

そういう人から連絡が来たり、順調に何か決まったりして、「良い日だな〜」と思っても、

実際に結果がどうなるかわかりません。

 

逆に、連絡取りたい人に取れなくて、

待ち合わせ場所もにも迷って行けなくなったりして、絶対今日はダメな日!と思っても、

実は何かすごいトラブルから守られている場合もあるのです。

 

やりたいことが出来なくなったり、

避けていることに向き合わなくては行けなくなったり、と

ただ単にパッと見て分からなくても、

その人の人生をトータルで見たときに

良い方向へ転じるのかどうなのかが、

守護神と忌神のどちらが回っているかを見ると分かるのです。

 

例えば、会うのを楽しみにしていた人と会えなかった時、どういう日か見て

もし守護神周りなら

「きっと今のタイミングじゃない方が物事が上手くいくんだ」と思えるし

もし忌神周りだったら

「もう少し自分を省みてから、再トライしてみよう」となるわけです!

 

逆に、予め暦を見て、調べておく時もあって、「この日は良さそう」という日は1日ウキウキ何が起こるのか楽しみに待っていたり、「この日はやばそう」と思った日は、なるべく無理をせずのんびり過ごしたりします♫

 

今日は良い日?
守護神が周っていても、忌神が周っていても、

きっと私たちの心は毎日少しずつ成長するので

どんな日でも、良い日に決まっていると思います♡

あなたにとって一番偉いのは誰?

家族の事を考えるとき、

父、母、兄弟、自分、子供といる中で

知らないうちに優先順位をつけています。

優先順位というか、

誰が一番力があるのか。

 

その人にとって、家族の中で

誰が一番偉くてそうでないか、

宿命を見ると一発でわかります。

 

母が一番偉い、と思っている人は

父親のいうことより母の言う事を

より尊重するし、

自分より兄弟が下だと思っている人は、

たとえ年上の兄弟でも、

年上だからといって尊敬したりしません。

 

それから自分が一番下だと

思っている人は、家族だけでなく

社会に対してもそうなので、

非常に謙虚な姿になります。

例えば今の皇太子がそうです!

凄く謙虚そうですよね!?

 

逆に自分が一番上だと思っている人は、

世の中全ての人が下々の者になるので、

よく出れば、非常に器の大きい人に

見えますが、悪く出ると

ただ周りを馬鹿にするだけの

威張りん坊の勘違いさんになる

可能性もあります!

 

それから注目すべきは結婚相手です。

よくお付き合いしていた時と結婚した後で、

態度が変わる人がいますよね。

なぜそういう事が起こるかというと、

実は結婚前にお付き合いしている時と

結婚した後では、その人が座る場所が

異なるからなのです。

結婚前は兄弟・友人の場所にいるのですが、

結婚すると配偶者の場所に移ります。

 

そして、その結婚相手の宿命で

兄弟・友人の場所と配偶者の場所で

優先順位(大事にしている順位)が

違っている場合、

相手の態度が結婚後に変わって来ます。

 

例えば、兄弟・友人は自分より上で、

配偶者が下である時

どんなことが起きるかというと、

お付き合いしていたときは

大事にしてくれていたのに、

結婚したら全然大事にしてくれなくなった、、、

などという現象が起こります。

 

他の例としては、

結婚したら友達みたいになっちゃったとか、

逆に、結婚したら前よりも

大切に扱うようになってくれた、とか。

 

もし結婚前にそういうことが

分かっていたら、

相手に失望することも

期待しすぎることもなく、

逆に結婚後が楽しみになるかもしれません♫

 

 

 

 

 

 

子供は何人?男の子?女の子?

宿命を見ると、その人の子供の数が分かります。

何人で性別はどちらなのか?というのが出てきます。

でも、お母さんとお父さんの両方で見ていくので

必ず一致するとは限りません。

2人しか宿命にいないのに、3人子供がいる場合。

3人いるのに1人しかいない場合など。

 

ちょうど数が同じだったら、バランスよく生きているんだろうなー、と判断しますが、

前者の様に、宿命の数より実際の方が多い場合、

もしかしたらその方は、子供に振り回されていたり、

1人の事はあまり関われなかったり、

という事があるかもしれません。

そして実際成人してから、2人の子が近くに残り、

1人の子は遠くで暮らしたり、となるかもしれません。

または、気持ち的に2人の事は気が合うけれど、、、

となるかもしれません。

 

逆に、後者の実際よりも数が少ない場合は、

1人のお子さんに3人分の気持ちと労力が注がれて

その1人のお子さんに過保護になっているかもしれません。

 

また、「子孫八格法」というのがあります。

家庭によって、男性家系とか女性家系、とかありますが、

そういうのが分かります。

 

これは、両親の宿命の組み合わせから、

男の子と女の子と、どちらが生まれやすいのか。

男の子が多そう、女の子が多そうとか

両方バランスよく生まれそう、という事が分かります。

 

そして、同性の子が複数生まれた場合、

1番目の子が活躍しやすい、とか

2番目の子の方が活躍しやすい、とか。

 

昔は子供の数が10人前後とか多かった時代もあるので、

奇数番目、偶数番目、という風に占ったようです。

 

これは初級で教わる内容なので、

お茶会などでシェアしていければと思います♪