読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の資質を知ることが出来る算命学鑑定士 詠子のブログ

算命学に興味のある方、運勢や宿命という言葉が気になる方向けに、私が算命学の勉強から学んだ処世術を発信したいと思っています。最後の1日まで自分らしく精いっぱい楽しく生きたい方、是非読者になってください♡

あなたにとっての守護神と忌神(いみがみ)は誰?

算命学で運勢を見るとき、誰がその人にとって守護神で、誰が忌神か?をみます。
「守護神」と初めて聞いた時、「えっ?!守護霊?!」って思いましたが違いました。

 

「守護神」とは、自分の運勢を良くしてくれる存在や物事です。
家族の中に必ず守護神が居て、その人と仲良くすると運勢が上がるらしいです。
逆に、仲良く出来なかった場合、残念ながら運勢が上がらないようです。

 

もし父親や母親が守護神だった場合、お元気なうちに結婚したり、お家を建てたり、人生における大事なことをしておくと良いようです。

 

じゃあもし、もうお亡くなりになっている場合は守護神はいないの?と思うかもしれませんが、大丈夫です。ちゃんと処方箋があります♡

 

子供が守護神の人は、沢山子供いると、それだけで運勢がアップ!さらに普段から大切に仲良くしておいたら更にアップするそうです♪

 

そして忌神。「いみがみ」と読みますが、
名前だけでもおどろおどろしい!?
文字を説明するときに、「いむ、って己に心って書くやつです」と言うたび、何か嫌~な気分になって、なんで己に心で忌むってなるんだろう〜?って。(調べてみたら「清める」という意味がありました)


それはさておき、忌神も家族の中にいるのですが、守護神と違って、一緒にいてストレスになる感じの存在です。分かりやすい例でいうと、お嫁さんにとっての義理のお母さんとか。


もし義理のお母さんが自分にとって忌神だったとすると、なんか一緒にいるだけでストレス、なるべく仲良くしたくない存在。

 

でも!ご縁を深めないと運勢が下がってしまうらしく、逆に仲良くしておけば運勢が下がらずに済むそうです。


仲良くしても、運勢は上がらないけど、下がらない。例えていうなら、特別健康になるわけではないけど、病気や怪我をしなくて済む、って感じでしょうか。


子供が忌神の人は、沢山いるとストレスが増えるかもしれません。ストレスかもしれないけれど、大切に育てる。そうすると、運勢が下がらずに済むようです。

 

ちなみに、私の場合、旦那がストレス、間違えた、忌神です。素晴らしい旦那様なのですが、私にはなんだか少し、、、。
でもそれなりに仲良く頑張っています。


兄弟も忌神です。素晴らしい方々なのですが、なんとなくストレス。末っ子なので、威張られるのがフツーになっているから? まあ、しょうがないって感じだけど、、、


今日も一人に凄く腹を立ててしまいました。文句を言いに行ったら不在で言えなくて口惜しかったのですが、今、これを書きながら、言わなくて良かったと、安堵と共に反省しています。
だって危うく、運勢が下がるところでした!

 

自分の人格を磨くとか、そういう事じゃなくて、自分の運勢を悪くしないために仲良くする。そういう下心でも、意識して続けることで習慣になって、結果、人格が磨かれる様な気がします。 たとえ、人格が磨かれなくても、どちらにせよ、運勢が落ちなきゃそれでいいと思う。

 

誰が自分にとっての守護神で忌神なのか知りたい方は、是非一度鑑定を受けてみてください!

 

自分のがわかったら「やっぱりね」って思うはずです!

 

 

〜✨算命学お茶会・お勉強会のお知らせ✨〜

4月から初級者向け(とりあえず軽い占い感覚)のお茶会と、いずれ鑑定できるまでになりたい、または経営者さんで、ビジネスに生かしたい、従業員の雇用などで活用したい、というプロ向けの方のお勉強会を開催します。

毎月、第三週目の金曜日です。
場所は太田市内です。

参加ご希望の方は eiko.sanmei@gmail.com まで連絡ください。
場所や内容などお知らせします。

〜 第一回 〜
4月21日(金)
算命学お茶会(参加費 3000円)
午後3時~5時

算命学お勉強会(参加費 7000円)
午後6時~8時


✨随時鑑定もしています✨


個人鑑定 ー 1万円(1時間)
ビジネス ー 2万円 (1〜2時間)
自分年表を作る ー 3万円(3〜5時間)

 

そんなにお金が欲しい?

そんなにお金が欲しいですか?

そんなにお金、たくさん稼ぎたいですか?

 

すみません。これ、最低限の生活ができてる人に向けての話です。本当にお金に困っている人に伝えているのではないので、このタイトルにカチンとくる人、批判的に感じる人は、本当に読まないでください。

 

実は私もお金持ちになる事が成功だと思っていました。

 

たくさんお金を稼ぐ人か成功者で、私も高額なお給料を貰いた〜い、と強く思っていました。

30代になって年収が1000万超えると、ボーナス関係なく毎月、70万くらいのお給料が入ってきます。当時結婚していたので、全部自分のお小遣い♡

 

そうすると、好きなものを買えてタクシーもバンバン使って(当時東京にいたので)、共稼ぎで旦那も私以上に稼いでいたので、結構贅沢に暮らしていてさらに貯金も出来たり。

 

「良いなー、いい生活だなー」と思っていました。(田舎に来て収入もグッと減り、数年前、家を建ててしまったので、もう貯金も全て無くなってしまいましたが💦)

 

世間的には凄い数字ではないかもしれないけど、私にとっては、いつもギリギリだったので、もの凄い快挙!でもそこで気がついた事があって、、、

 

でもなんか、幸せじゃ無い、、、

 

私の職場の上司は、年収が1億超えている方達で、多分2億越えしている方もいました。

 

でも、、、彼らもそれほど幸せそうじゃない、、、。

 

いつもイライラして、ストレスも多くて。

ステータスは高くて、贅沢な生活をしているけれど、全然幸せそうじゃない、、、。

 

誰がより贅沢な良い暮らしをしているかで張り合っているようなところもあって、自分には到底できない素晴らしい生活をしているけれど、お金の豊かさは心の豊かさではないなぁ、と強く思うようになり、

 

私の中の「お金持ち=幸せ」の構図が音を立てて崩れてなくなりました。

 

30半ばくらいに、初めて「幸せはそれに気づく能力」であって、収入とは全然関係がないと分かったのです。

 

それで働く気が失せて「生活ができれば良いや」職場を離れました。

 

10年近く経って、算命学を勉強し始めて、小室哲哉さんや尾崎将司さん(ゴルフプレーヤー)の資産100億、転じて借金100億や、ダイアナ妃の運勢的に見た死の真相を勉強したり、一人一人違う「財」の指数を見たり、それこそ宝くじの当て方とか、当たったらどうなるか、とか勉強して、、、

 

勉強すればするほど、お金より生き方の方がよっぽど大切な事が分かりました。(遅い?)

 

最近では、月収を1千万にする講座を結構見かけて、どんな事が書いてあるのか客観的に興味が湧くけど、実際は万人当てはまるお金持ちになる方法なんて、とっても懐疑的に見てしまいます。

 

算命学を勉強すると自分の財力が分かります。

自分には何を追い求めると気持ちよく生きられるかも分かります。

 

それが仕事を頑張る事、又は知性を磨く事、芸術的表現を追い求める事、仲間を大切にする事、ただ単に自分の好きな事だけを追い求める事、そして、財を追い求める事など、人によって千差万別。

 

自分に合った生き方をすれば、幸福感も達成感も味わえ、それが財力に繋がることもあるのですが、合っていないものを追い求めると、辛い人生になります。

 

自分で自分の生き方が分かる人は、その通り気持ちよく生きられると思うけど、そうでなく迷っている人は、もしかしたら自分に合っていない生き方ができていないかもしれません。

 

そして周りを妬んだり恨んだり、人のせいにしたりしているかもしれません。(こういう人って大概、自分の宿命から外れちゃっている人です)

 

自分らし生き方で、気持ちよく自分を輝かせたい!

 

そんな私が一番、如何に自分らしく生きられるか色々試しながら奮闘中!というか、修正中〜!

 

 

私が算命学を始めた本当の理由 〜その10

 お勉強も上級に入り、自分に子が出来ない事についても分かってきました。

 

私の場合、、、

 

宿命的に子供ができにくい。

出来ても問題が出やすい(育てるのが大変)
故郷に戻ってくると、その傾向が強まる。
旦那との相性も運勢的に子供が出来にくい。

 

先生に相談した時、特に何も言ってなかったけど
そりゃ、言いにくいよね〜。

 

「子供欲しい」って思っている人に「出来にくい」なんて、正規の鑑定でもないのに言える訳もなく。

 

自分の宿命を知ったからなのか、20年間の子供が欲しくなる期間が終わっていたからか、単に年で無理だと思ったのか、

ちょうどその頃、何故かもう子供が欲しいとは思わなくなっており、不妊治療もやめていました。

 

他にも色々宿命的な事が分かり、子供が出来ないからと悲観する必要もなく、自分らしい生き方を学ぶことができました。

処方箋が分かったので、いまそれを実行するべく日々、挑戦しています。

 

何か問題があるときや、逆に、色々なことがうまくいっている時、思わぬ方向に展開していく時など、宿命を見ると必ずそこに運勢的な理由があります。

 

もしそれを知っていて、運勢を上手に使うことが出来れば、無駄に自分を責めたり周りを責めたりする必要がないし、自分でできる事(処方箋)を知って、最悪の事態を避けたり、運勢を良くしたりすることが出来ます。

 

もし私があの時、これから少し我慢の年が続くと知っていたら、その前の好機を逃さず、うつ病にもならず、その後違う人生が開けていたかもしれない。

もし海外が向いていると知っていたら、親の反対を押し切ってアメリカ人の彼と結婚したり、イギリスに残ったりして、自分らしく生きて子供もできていたかもしれない。

もし算命学に出逢っていなかったら、宿命から随分外れたまま50代の危ない時期に、失意の内に命を持って行かれてたかもしれない。(こればかりはいつなのか、今日かもしれないし。でも自分の危ない時期は分かります。)

 

色々「たられば」で思うことはありますが、現実は現実。
後悔も失敗も私の財産!

 

もともと自分のことが知りたくて興味を持った算命学ですが、家族や友人にも、好機は最大限活用して欲しいし、大変な時期は無理をしないで欲しいと、自分の経験から強く思う様になりました。

 

占いや運勢に興味を持つ人は、殆ど皆んな悩みを抱えていて、消化できない苦しさを持っています。
順調に人生を送っていても、悩む時や迷う時はあります。

そんな時、私にとって算命学は方向性や、
自分の持っている星を気持ちよく輝かせる方法を教えてくれます。

もし、時すでに遅しでも、必ず処方箋があるのが算命学!

 

自分の事を知って、運勢的にどんな傾向があるのか知る事が出来れば、周りに惑わされないで生きられるし、自分の人生の主役になれます。

 

家族や友人だけじゃなく、ご縁のある人にそういったアドバイスが出来れば、と鑑定や講座を去年から始めました。

 

ということで、算命学を始めた本当の理由、、、

 

小さい時から生き方について考えていたからなのか、
子供ができなかったからなのか、
宝くじを当てる方法を知りたかったのか、

自分の事をもっと知りたかったからなのか、
生き方に苦しんでいたからなのか、
算命学を学ぶ宿命だったからなのか、、、。

 


長い話に お付き合い頂いてありがとう♡

 

 

 

〜✨算命学お茶会・お勉強会のお知らせ✨〜

 

4月から初級者向け(とりあえず軽い占い感覚)のお茶会と、いずれ鑑定できるまでになりたい、または経営者さんで、ビジネスに生かしたい、従業員の雇用などで活用したい、というプロ向けの方のお勉強会を開催します。

 

毎月、第三週目の金曜日です。
場所は太田市内です。

 

参加ご希望の方は eiko.sanmei@gmail.com まで連絡ください。
場所や内容などお知らせします。

 

〜 第一回 〜

4月21日(金)

算命学お茶会(参加費 3000円)
午後3時~5時

 

算命学お勉強会(参加費 7000円)
午後6時~8時

 

✨随時鑑定もしています✨

個人鑑定 ー 1万円(1時間) 

ビジネス ー 2万円 (1〜2時間)

自分年表を作る ー 3万円(3〜5時間)

 

 

 

私が算命学を始めた本当の理由 〜 その9

まずは算命学の基本から習い始めて、、、

 

今はソフトでパパっと出しちゃいますが、


誕生日から表で調べる宿命の出し方を一通り理解したり練習したり。

 

次に、性格や人生の目的の見方。

10年に1回まわってくる天中殺について、その時期の過ごし方や、やって良い事、悪い事。

生まれながらに宿命が中殺されている、宿命中殺についてなどなどを勉強しました。

(これは消化できないと自分だけじゃなく、周りも巻き込むから結構大変。)


そしてさらに勉強が進み、自分の宿命を調べてみるとビックリ仰天!

 

今までここに「〜その1 」から綴ってきた事が全て書かれていました。

 

3歳から22歳までは友達や兄弟で苦労する。
→ 年の離れた末っ子だったので、兄弟からもいじめられてました。物心ついた時から、なんだかいつもイジメられっ子でした。

 

1977〜78 は特に大変。→ 小学校入学の年。毎日泣いて帰った。

1979〜80 お友達が出来やすくなる → 少し良い友達も出来ました。

1981年は夢が叶う → 転校して楽しい小学生生活。マラソンでも活躍。

 

1986〜7 上手く行きにくいが、その間、地道に勉強をするとその後が良い。
→高校入学。先生から嫌がらせを受け、学校サボっていたビリっけつの私が、陰で勉強ていたら現役で慶応に入れた

 

1992年 もの凄いスピードで何かが起こる
→ ここには書かなかったけど、アメリカ人の彼と恋に落ちて、出逢って3ヶ月で大学卒業と同時に結婚しよう!って話になりました。親に潰されたけど。

 

23歳から42歳までは運勢が良くなり、子どもが人生のテーマになる。
→ 留学して大学院に入れた年。良い友達もいっぱい出来た。この頃から子どもが欲しくなった。

 

1998年〜2000年は仕事を始めると問題が出る年。この時始めた仕事を続ければ何か問題が出る。
→変な職場に就職。頑張って続けていたら結局、鬱病に。

 

2002年 夢が叶う。→ 彼と婚約。良いお仕事にも就けた。

 

2004〜6年 幸福感を感じられる年。
→彼と結婚して、大手外資系銀行に引っ張られた。

 

2010〜11年普段と違うことが起きる
→ 彼が海外赴任。アメリカ生活。

 

、、、タイミングが全部合っている。

 

そして他にも、

海外が向いている。→ 小さい頃から憧れていた。
グローバルな大企業が向いている。→ 結構ご縁があった。
美術館の仕事なども向いている。→ 実は海外の美術館に勤めたかった
中年期に必ず挫折する。→ 折れました。まだ折れてるかも、、、。


などなど。

それにしても、なんでここまで当たっているんだろう?

私が今まで私の意思で作ってきたと思っていた人生は、
もう決められていたの?

 

私の性格は私じゃなくて、宿命の性格?
とすごく納得したり、訳分からなくなったり。

 

さらにさらに勉強が進んで来ると、自分の子供についての問題もわかってきました。


続く

私が算命学を始めた本当の理由 〜 その8

算命学は、以前、東京で働いていた頃、

フィガロって雑誌の特集で

中森じゅあんさんの「算命学」って別冊が出ていて

「なんじゃこりゃ?当たる!」と何冊も買い漁り、

友人にも「これ凄く当たって面白いよ♡」

と配って騒いでいた時がありました。

 

その算命学を本格的に学ぶ機会に恵まれたのです!

 

きっかけは、ある300人くらい集まる講演会で、講師の方が休憩中に

 

「運勢っていうのがあってね、『算命学』と言って誕生日から何でもわかっちゃうんですよ〜。」

 

と思わせぶりなことを言って、希望者をその場で鑑定していました。

 

なぬっ!?あの凄い当たる算命学?!


実はその講師の方、私の友人が昔、

 

「あの〇〇さんと、講演会の後に一緒に飲んだんだけど、宝くじの高額当選、2千万とか2億とか当たったことあって、しかも何度も当たっていて、『宝くじの当て方がある』って言ってたんだよ〜!」

 

と教えてくれていたので、気になっていました。

 

そんな武勇伝、絶対詳しく聞きたいじゃないですか🎵

 

講演会の懇親会の席で講師の方に近寄って行って、、、

 

私:「友人から、何度も宝くじの高額当選していて、匿名で全部寄付とかしちゃってる、とか、宝くじの当て方があるって言ってた、って聞いたんですけど本当ですか?」

 

〇〇さん:「あ、宝くじ?本当ですよ。1等も当たったことあるし、2千万くらいだったら何度も。そんなのいつ買えば当たるか、算命学でわかります。あなたも勉強したら?」

 

私:「えー、勉強したい〜!どこで勉強したら良いんですか?」

 

〇〇さん:「ん〜?さあ〜?どこでしょうね〜?」

 

と、手をヒラヒラさせながら(多分)、教えてくれませんでした。


講演会の主催者の方が講師の方と仲が良かったので

 

「〇〇さん、算命学どこで勉強したんでしょうね?」

 

と聞いてみたら、

 

「そういう学校へ行って20年くらいかけて勉強したらしいよ。授業料だけでも1000万円くらいかかってるらしいよ。」

 

と言っていたので、「それは無理だな!」と思いました。

 

その場はそこで終わりました。

 

 

その数ヶ月後、講演会の主催者だった方の勉強会に参加するようになったのですが、その時に

「私、主婦なのに子供もいなくて暇なんですよね〜。友達とも話が合わないし。趣味ばかりでも飽きちゃったので何かやる事探しているんです」

と話したら、

「今度、あの〇〇先生が算命学を教えてくれるらしいから、一緒に勉強しない?」

と声を掛けてくれました。

「是が非でも〜♡」となって、

「長野の松本だからちょっと遠いけど、、、?」と言われても

「松本?行ったことないけど良い所そう!行く行く〜!」となりました!

 

 

さて、授業は「算命学とは何か?」と言うことから始まりました。

「人は何故生まれて来たのか?」 「人はどのように生きれば良いのか?」

という事を解明する学問だそうです!

まさに小さい時から私が自問して来た事。

干支と陰陽五行を覚えたり、難解な星の名前と特徴を覚えたり、と結構大変!
 
でも、結構面白い♡ 楽しい!
 
講義の合間の休み時間になると、みんな先生のところに駆け寄って質問をしていました。
 
私も!と思い、
 
「夫婦ともに問題ないのに、子供ができないんです〜」
 
と自分の宿命を持って相談にいったら、、、
 
ジィーっと宿命の紙と私の顔を交互に見て
 
「これ、貴女ですか?」
 
「はい、私です。」
 
更にジィーっと見て、
 
「あなた怒りっぽいですね。どうしたんですか? 子供ができないんですか?もう無理?もうちょっと頑張ってみたら?」
 
みたいな調子で、「怒りっぽいですね」以外特に何のアドバイス?もありませんでした。
 
ちょっと拍子抜けでしたが
 
でも、後で勉強が進むにつれ「何も言えなかったんだ、、、」ということが分かりました。
 


、、、続く。

私が算命学を始めた本当の理由 〜 その7

39歳から始めた不妊治療。当時はアメリカにいたのですが
アメリカでは、人工授精でも1回20万とか、超高額でした。

体外受精IVF)に至っては1回200万以上掛かります。

(日本だと人工授精が2〜3万。IVFは1回20万から30万くらい。)


でも医療はアメリカの方が進んでいるのでは!?と、取り敢えず人工授精を勧められトライしましたが、

ホルモン注射とか毎日、お腹にブスッと打たなければいけなかったり、
そのせいでだと思う思うけど、久々自殺願望とか出て来て、頭がおかしくなりそうだったり、

結果、上手くいきませんでした。

 

アメリカでIVFは金額的に無理なので、日本で自然誘発の不妊治療を受ける事にしました。

ちょうど帰国する事になり、評判の良いクリニックへ。

 

自然誘発だと、卵ちゃん1度に1個、多くて2個なので、無麻酔で採卵します。

下手な医師に当たると一発じゃ上手くいかなくて何度も突き刺されて痛いのなんのって。

 

治療も、最初の数回は、上手くいかなくても、「こんなもんか」と思っていましたが、

そのうち、自分が女性として不良品に思えてきたりします。

毎月生理が来る度に落ち込み、それでも何回も試みて、一度だけ妊娠しました。

 

でも妊娠反応が出て胎嚢確認できたと思ったらすぐ流産。

 

まともに妊娠したのはその一回だけでした。

結局、治療はトータルで20回近くしたんじゃないかな。

助成金とかあったので、経済的には助かったけど。

 

気力も体力も使い果たして、

街で子供や赤ちゃんを見かけるだけで悲しくて
涙が溢れてくるので、見れない時期もありました。

 

子供が何の問題もなく出来ている人を見て憎らしく思ったり。

そんな自分も嫌なので、子供がいる友人とも距離を置くようになりました。


子供を授かる事は「神様の領域」だと思ってはいたけど、

でも、こんなに努力しているのに、夫婦供にどこにも問題がないのに

子が出来ないってどういう事!?


多分初めての大きな挫折で

「強く思っても叶わないことってあるんだなー」って、

激しくこの世の不条理を感じつつ、納得が行かなかったのを覚えています。

 

同世代の友人は子育て真っ最中なので、一緒に遊べる友人もいない。

 

そんな時に、算命学に出会いました。

 

、、、続く

私が算命学を始めた本当の理由 〜 その6


33歳の時に結婚してから、2年経っても妊娠の気配はなく、

 

仕事も辞めて、専業主婦になって妊活しようと思いました。

 

半年くらい、旅行へ行ったりプラプラして、
(久々イギリスに行ってみたら、すごく景気が良くて、人も明るく、天気まで良くなってた!)

 

田舎好きの彼の意向で群馬に転職する事に。


群馬に引っ越して、のんびりした生活になり、

子供を授かるのを待っていたのですが、、、

 

妊娠しない、、、。


結婚して3年経ち、5年経ち、妊娠しないなんて、

絶対何かおかしい!と思い始めました。

 

そしたら宗教好きな母が、もっと心を磨いたら?みたいな話になって、

関西の方まで色々なお勉強会に通ったりその手の本を多分500冊くらい買って読んだり、

身体も妊娠しやすい体づくりの高額なDVD買って運動をしたり。

 

「妊娠したいって事を忘れた頃に赤ちゃん来るから!」とか言う人も沢山いて

(そういう事を言う人に限って本人は全く妊娠に苦労してない)

習い事をいくつか初めて、趣味に色々打ち込んだりして

それなりに自力で頑張ってました。

 

そして気がついたらもう39。

自力では無理だな、と諦めて、不妊治療を始めました。


、、、、続く